« 福音館書店の本がいっぱい | トップページ | 里親への道(1)★名前は“かんた” »

2009年9月12日 (土)

第6回 子ども学会議 (その1)

第6回 子ども学会議 (1)

今朝は、

お茶の水女子大学 を訪れる。 

赤門」の次は、「お茶の水」・・・で何だかグリーンのイメージ(^^ゞ。

あっ、もらった資料の表紙もモスグリーンjapanesetea

ということで、今日と明日は、ここで

第6回 子ども学会議

午前中の、お茶の水女子大学名誉教授、本田和子先生の講演会は、黒柳徹子さんを彷彿させるスピーディーで軽妙な口調で90分があっという間。

19世紀末から21世紀の今に至る「子ども観」の変遷を語りながら、今は子どもが経済的価値としてしか認識されなくなっていることをわかりやすく示し、

現代社会において、成長、変化する“子ども”の存在は、

寛容な社会を築き、長い展望を我々に持たせてくれること、

これからの多様性社会において必要不可欠であることを端的に教えてくださいました。

午後のシンポジウムは、

「今、早期教育を考える」。

巷でいろいろ言われていることは、果たして本当にそうなのか?

どんな議論が展開するのでしょうか。


[第6回 子ども学会議(その2)]へ

|

« 福音館書店の本がいっぱい | トップページ | 里親への道(1)★名前は“かんた” »

教育・学び」カテゴリの記事

コメント

リンクが
本田和子(ほんだますこ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%92%8C%E5%AD%90

にとべないよ。

投稿: よいこ | 2009年9月14日 (月) 03:49

よいこさん、こんにちは。
飛べないことを教えてくれてありがとうございます!
でも今は外出先で、このコメントも携帯から書いているので修正できず…、後ほど何とかします〜

投稿: tete | 2009年9月14日 (月) 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/31343266

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 子ども学会議 (その1):

« 福音館書店の本がいっぱい | トップページ | 里親への道(1)★名前は“かんた” »