« 2匹と2匹め | トップページ | フグと息子と私 »

2009年9月23日 (水)

小春日和

Image789

この秋休みは、闘病中の親と富士山麓へ。

涼やかに咲き、風にそよぐコスモスが目に優しい。

コスモスと言えば・・・「秋桜」。

「秋桜」と言えば・・・ 山口百恵 (笑)。

あの歌詞とともに、親への感謝の気持ちもわきあがる。

そして、昔、歌を聞いていて、わきあがったある疑問も思い出す。
今となっては、恥ずかしいことなのだけれど・・・

~ こんな小春日和の穏やかな日は ~♪

「小春日和」?  どうして、「秋桜」が咲く「秋」なのに?

「小春」・・・ って、まだ、春になっていないけど、少し春らしくなってきた
2月、3月の季節のことではないの??

小春日和(こはるびより)

晩秋から初冬にかけて日に日に寒さが厳しくなる中で,穏やかで暖かな日和が現れることがある。旧暦10月の異称:小春にあたることから,日本では小春日和と呼んでいる。
http://weather.livedoor.com/term/97.html

ああ、恥ずかしい~ (/ω\)。






勘違いと言えば、

息子も3歳くらいの時に、かっこいいポーズを決めて、

仮面ラーメンダー! さんじょー

と叫んでたなー(笑)。

「いつになったら気づくかな?」
とそっと見守っていたのが懐かしい・・・ confident

|

« 2匹と2匹め | トップページ | フグと息子と私 »

発見!」カテゴリの記事

コメント

連休のドライブ中、夫に「コスモスってどういう漢字書くか知っている?」と聞かれ、私は得意げに「知ってるよ。宇宙と書いて、コスモスって読むんだよね」と答えたら夫が爆笑していた。確かにコスモスってそういう意味もあるけれど・・・「秋桜だよ」といわれたら、めげずにまた得意げに「あっそうだよね。それ知っていた」と答えました(笑)

投稿: ak | 2009年9月24日 (木) 11:35

わあ、コスモスが“宇宙”になったとたん、山口百恵がカール・セーガンになりました(笑)。
akさん、コメントありがとう。

「桃太郎」に出てくる「しばかり」も、「芝刈り」だと思っていて、芝生は山にないし?と思っていた私。
大人になってから小枝を指す「柴刈り」だと知りました(^^ゞ。

投稿: tete | 2009年9月24日 (木) 18:47

あるよねぇ、思い込みって・・・
でも、ちゃんと気づいて調べるところが、teteさんらしい。
私は、小さい頃「汚れる」を「よぼれる」だと思っていて、小学校に入って「トイレの使い方」のパンフレットを見て、間違いに気づきました。
で、驚いたことに、息子も同じ間違いをして「よぼれる」って言ってます。いつ、気づくかなぁ・・・
akさん、さすがのスケールの大きさだわぁ!(って、他人様の日記でごめんね)

投稿: momoe | 2009年9月25日 (金) 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/31493079

この記事へのトラックバック一覧です: 小春日和:

« 2匹と2匹め | トップページ | フグと息子と私 »