« 里親への道(4)★犬を飼うということ | トップページ | 小春日和 »

2009年9月22日 (火)

2匹と2匹め

2009092302450000_4

 

昨夜は10日ぶり(!)に「知の翼」に取り組む。しかも5月号の提出課題(^^ゞ。

理想は毎日5分でも取り組みたいところだけど、無理強いはしたくないとか、21時すぎには寝かせたいとか、親心、親の都合もいろいろあるとなかなか5分でもハードルが高い。

まあ、まだ年長さんだし…ということもある。

でも小学生になったら、今は19時までの保育園が、18時までの学童クラブに代わる。
19時が18時…。

たかが1時間、されど1時間。この差はかなり大きい。

しかも学童クラブは国や自治体が直接運営しているわけではなく、学童クラブによって運営はかなりまちまち。(この話はまた改めて)

ということで、話がずれてしまったけど、
小学生になったら、毎日宿題が出されるとも聞いているので、一日5分の勉強時間はそれこそ最低限必要…。

まあ、みんなが経てきた道。ケセラセラで頑張ろう。

ということで、ようやく本題「知の翼」(笑)。

最初に取り組んだのは、「パワーアップテスト 数と形」。
「テスト」といっても一緒に取り組む。

……数秒後、2問めで今日は大荒れ(~_~;)。

1問めの問題文は、
うしろから 2ひきを まるで かこもう」。

2問めは、
うしろから 2ひきを まるで かこもう」。

「こんなのかんたん!」
と叫んだ息子は、ニコニコしながら2問めも1問めと同じように「うしろから2ひき」を丸で囲もうとする。

私は、
「保育園で並んでいるとき、先生が『うしろから二番目の人、手を挙げて』と言ったら、誰が手を挙げる?」
といった息子に身近な例を挙げて説明するも、息子は頑なに2問めは1問めと同じになると言い張る。

私が
「では、自分が思うように丸で囲んだら?」
と言ったとたん、息子はなぜか大泣き 。゜゜(´□`。)°゜。。

泣きながら、
「なんで、そ、そ、そんなこと、言うの?」

「な、なんで、お、怒るの?」

と息子。

私は驚き、
「まったく怒ってないよ。これは自分の勉強なんだから、いま自分がそう思うなら、自分はいまこう考えますって書けばいいんだよ。それについて、また先生からお返事がもらえるんだから」
と答えるも息子の涙は止まらず。

そのうち泣き声を聞いて様子を見に来た帰省先の親が事情を知り、

「答えはこのうさぎをくるっと丸だね」
と声をかけると、さらに息子は泣き声を大きくする。ちょっと途方にくれる。

そのうち、
「な…なお…したい。なか…な…おりしたい。」
と言い出した息子。

「仲直りしたいの? お母さん、ケンカはしてないのよ」
と言いながら息子を抱っこ。背中をさする。

いったいどうしたの?
という私の問いかけに落ち着いた息子は
「2問めが1問めと同じと間違えたのがいやだったの…」と一言。

そっかー

プライドが傷ついてたのか…

涙にもいろいろあるね

親も学ばされます。

その後、笑顔を取り戻した息子は課題を全部クリア。私はほとんどノータッチ。

で、こうなりました・・・。「つばめ」・・・のはずがsweat01

2009092312260000_2 

・・・・・・「知の翼」の先生、添削どうぞよろしくお願いします〜coldsweats01

|

« 里親への道(4)★犬を飼うということ | トップページ | 小春日和 »

日能研 「知の翼」」カテゴリの記事

息子・子育て」カテゴリの記事

教育・学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/31483180

この記事へのトラックバック一覧です: 2匹と2匹め:

« 里親への道(4)★犬を飼うということ | トップページ | 小春日和 »