« 締めは新米にぎり | トップページ | バムとケロのそらのたび »

2009年10月 6日 (火)

水槽の世界

水槽の世界

↑朝食にむらがる魚たち

約一週間前、グッピーの身体に異変を発見。

白いふわふわしたものがまだらにたくさん付いている。

これは綿かぶり病。進行すれば死に至る。

最近、立て続けに二匹も埋葬したから、もういやだ。

治って!!
と祈るような気持ちで薬を投下。

毎日、様子を見てきたけど、もうグッピーの身体にあのふわふわは見つからない。

完治!

\(^o^)/

うれしい〜♪

でも、ふしぎ。

水のなかの一匹に薬を届けるためには、ほかの魚にも薬を飲んでもらうしかない。

中には赤ちゃん魚も子ども魚もいるというのに、病気でもないのに薬を飲んで大丈夫なの?

薬の瓶にははっきり
「病気でない魚や稚魚には無害です」
と書いてある。

そうでないと困るんだけど、でもふしぎ。



もし


この薬が

だったら?




きっとみんなに有害…




水槽のなかはまるで「環境問題」の縮図のよう。

人間もみんな同じ空の下。

私の空気はみんなの空気。

|

« 締めは新米にぎり | トップページ | バムとケロのそらのたび »

生き物・ペット」カテゴリの記事

コメント

わが家もこの夏、尾腐れ病とかで鯉がやられてしまい、
一緒に泳いでいた金魚も共倒れ……。
魚とはいえ切なくなりました。

が、懲りずにまた多摩川で鯉を2匹釣ってきて、また飼っています。

魚だったり、ザリガニだったり、トカゲだったり、カブト虫だったり、
わが家の水槽はいつも稼働中です(笑)。

投稿: 長良川龍一 | 2009年10月 6日 (火) 15:43

長良川龍一さん家の水槽もいつもにぎやかでいいですねー! 小さいときはそういう家庭にあこがれていました。

わが家は、息子が誕生する前は、熱帯魚用、稚魚用、メダカ用、カニ用、カメ用と5本の水槽が稼働してましたが、今では…
おやおや?
すっかり減らしたつもりでいましたが、熱帯魚用、フグ用、カタツムリ用…まだ3本稼働してました。しかも庭の池にはカメとかドジョウとかカエルとかフナみたいな魚もいるし…(^_^;)

投稿: tete | 2009年10月 7日 (水) 03:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/31671285

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽の世界:

« 締めは新米にぎり | トップページ | バムとケロのそらのたび »