« 朝のお勤め | トップページ | 締めは新米にぎり »

2009年10月 4日 (日)

脱穀 (昔ながら編)

脱穀 (昔ながら編)

↑さあ、今日は田んぼで、

脱穀 (昔ながら編)

↑“文明の利器” の恩恵にあずかり

脱穀 (昔ながら編)

↑どんどん脱穀。

脱穀 (昔ながら編)

↑くるくる回せば

脱穀 (昔ながら編)

↑ざっくざく。

脱穀 (昔ながら編)

↑細かいワラがまうから、作業中はこんな顔。

昨日に引き続き、【ホールアース自然学校】の【森と田んぼのようちえん】。

今日は、昨日よりかなり文明の利器が高度になる。

“とうみ”と“足踏み脱穀機”でぐんぐん、くるくる、モミとワラ。

こんなにお米ができるまで大変だったとは!

白米が身分の高い人の食べ物で、“銀シャリ”と言われていた、その理由を身体で知る。

だのに、今は白米より玄米が高い世の中だなんて。

さあ、これからいよいよ出来立てほやほやの今年の新米をいただきます〜。






[脱穀 (原始的編)] へ戻る

[朝のお勤め] へ戻る

[締めは新米にぎり]へ進む





くわしくは、こちらのブログでも

→ [Chez MOMO日記] の[脱穀 ~その2~]

→ [ホールアース自然学校 イベント日誌] の [森と田んぼのようちえん*10月 (09年度第4回目)]

|

« 朝のお勤め | トップページ | 締めは新米にぎり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

なるほど!こういう農業体験もアリなのですね。
脱穀の機器をだんだんと文明の流れに沿って経験するなんて、おもしろい!

私の育ったところも、水田が姿を消しました。

これから、うちのせまっこい畑を近所のチビたちとどうしようかと思っていたところ。

これは、おかぼなんかも面白いかも。

投稿: yukiko | 2009年10月 5日 (月) 01:07

あらあ、ごめんなさい!
どういうわけか2回も同じコメントをつけてしまいました。
どうぞ、ひとつ、ご削除ください。よろしくお願いいたします。

投稿: yukiko | 2009年10月 5日 (月) 01:19

yukikoさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。仰せの通り、コメント1つ削除しました(^_-)。

子どもたちと作業するのはいいですね。得意そうな顔つきの子どもの手には、必ずバッタやカエル(笑)。

仕切る子、うかがう子、我が道を行く子、受けをねらう子、気遣う子…

子どもたちのなかの子どもたちは、親の前では見せないいろんな顔。私も「親」を忘れて「大きくなった子ども」として参戦するも、まだまだ修行が足らぬと相手にされませんでした…(笑)。

投稿: tete | 2009年10月 5日 (月) 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/31635473

この記事へのトラックバック一覧です: 脱穀 (昔ながら編):

« 朝のお勤め | トップページ | 締めは新米にぎり »