« えええええ | トップページ | ファミリーサポートさん »

2009年10月28日 (水)

うきうきしたら

T02200165_0800060010288913605

昨日、久しぶりに保育園に息子をお迎えに行ったら、いつもは「おかあさん」と呼ぶのに、一オクターブも高い声で「ママぁ」と甘えた声を出してべたべた(笑)。

しっぽを振ってまとわりつく仔犬ちゃん状態の息子が愛おしい(#^.^#)。

そんな息子が寝る前に読む本として選んだのは、この本。

うきうきしたら
ジェズ・オールバラ (著), たが きょうこ (翻訳)
徳間書店

学校に行く途中、何だかうきうきしてきた仔犬のシド。

だんだん、からだが軽くなってきて、いつのまにか空を飛んでいた!

学校に着いて友だちに、先生に話すもだれにも信じてもらえず、シドはしょんぼり帰宅…

そんなシドにお父さんが…!!

という、空を飛ぶ爽快感と家族の温かさが、大判の絵本の生き生きした絵からストレートに伝わってくる。

とにかく描かれている絵がとってもステキ。

とつぜん息子が質問する。

「 “ うきうき ” と “ ドキドキ ” って同じこと?」

そうだね、たしかに似てるよね。ドキドキは失敗しないかなあ、うまくいくかなあと心配なときや緊張するとき、好きな人とお話しするときにもなるけど、うきうきは楽しい気分のときだけ使う言葉だよ。

私はそう言いながら、たとえばこんな感じと言って、ジェスチャーでも“ うきうき ” と “ ドキドキ ” な感じを表して見せる。

横を見ると、
そこにはすでに夢の世界に旅立ってしまった息子の寝顔 f(^^;。

息子は、私の「先生」スイッチを押すのうまいなあ〜(笑)。

|

« えええええ | トップページ | ファミリーサポートさん »

絵本・本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/31970360

この記事へのトラックバック一覧です: うきうきしたら:

« えええええ | トップページ | ファミリーサポートさん »