« 土屋鞄のランドセル | トップページ | とーちゃんと、しーちゃん »

2009年10月25日 (日)

“豚”つながりで

“豚”つながりで
 
 
仕事を終えて帰ったら、息子はとっくの昔に夢のなか。
 
 
食欲もわかない。もう眠りたい。
 
 
そんな私の目の前で、夫が作り始めた豚キムチ。香ばしくて赤い色が刺激的。みるみる食欲回復。眠気も吹き飛ぶ。
 
 
今日、息子とのデートを楽しんだ夫の報告を聞きながら、豚とキムチってなんて相性いいのかしらと舌鼓。
 
 
豚、
と言えば、
 
 
河に豚と書いて「フグ」。
海に豚と書いて「イルカ」。
 
 
「河豚(フグ)」と書くのは、中国の大河に生息しているフグがあまりに美味しくて、中国で最上の味と言われる豚に匹敵するからということらしい。
 
 
日本でも江戸時代に「フグは悔いたし命は惜しし」と、フグの持つ毒の恐ろしさを知りながらも、美味しい魚としてフグ食が広まっていったという。

※『フグの飼い方』アクアライフ編集部 マリン企画より
 
 
そう言えば、飼っている魚の話をしていて
「フグを飼っている」
と言った後、

「食べるフグじゃなくてミドリフグ。ミドリフグはね…」
と説明を加えないと、びっくりするほどビミョーな空気になることがある(笑)。

食べるために飼ってはいません〜。改めて(^^ゞ。 
 
ちなみに、「海豚(イルカ)」と書くのは、やはりイルカが美味しい……というわけではなく、中国ではイルカが「海に棲んでいる豚に似た生き物」だと思われているからなんだとか。
 
 
ほかに、豚のつく言葉と言えば
 
 
豚草、
豚児、
豚もおだてりゃ木に登る。
 
 
「豚草(ブタクサ)」は、単に豚が食べる草。「豚児(トンジ)」は我が子を指す謙遜語。
「豚もおだてりゃ木に登る」は、おだてられて調子に乗った人間を揶揄する言葉。
 
 
ということは、
 
 
「河豚(フグ)」だけが、唯一豚のいいところを捉えている、どちらかと言えば誉め言葉!?

|

« 土屋鞄のランドセル | トップページ | とーちゃんと、しーちゃん »

徒然」カテゴリの記事

コメント

旦那さんに夕食を作ってもらうなんてなんてしあわせでしょう!!!それに感動・・・

投稿: ak | 2009年10月26日 (月) 10:04

akさん、こんにちは。
たまたまです。たまたま( ^ω^ )。

今夜は久し振りに息子と夕ご飯。
何食べようかなあ

投稿: tete | 2009年10月27日 (火) 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/31943371

この記事へのトラックバック一覧です: “豚”つながりで:

« 土屋鞄のランドセル | トップページ | とーちゃんと、しーちゃん »