« 息子が好きなんだもの | トップページ | サンタクロースと小人たち »

2009年11月12日 (木)

進化する絵

昨夜はファミリーサポートのOさんと私を待っていた息子。

Oさんがお帰りになると、いそいそと保育園から持ち帰ってきた【スケッチブック】を私に披露する。

ページを繰りながら一つひとつ説明する息子。

なかなか面白い。

絵が、どんどん進化。

息子の頭のなかをのぞいているよう。

これは(↓)、最初のページに描かれた車。速いんだそう。

Rimg0239

そして、「おバけ」(↓)。迫力あるのにカワイイ(笑)。

Rimg0237

おっ、登場人物が一人から二人に(↓)。

Rimg0240

左の敵とはげしく闘っている。

Rimg0238

【スケッチブック】の後ろのページ(↑)では、登場人物に表情もついてきた。

左は敵だけど、敵も味方もおしゃれな帽子をかぶってるーsmile

敵は、たまげて尻餅をついているんだとか。尻餅の感じが出てるねー。

それにしてものどかな闘いぶりに和んでしまう。

Rimg0235_2

今度は、大海原を探検中の船登場(↑)。後ろから大波がザパーン。

海のなかでは、サメを魚がおいかけ、タコが墨を出しているんだとか。

大波に追われて、慌てて逃げているから、船体が曲がっているんだそう。

初期のシンプルな車の絵に比べて、芸が細かい!? 

Rimg0236_2

そして最後の絵(↑)。 人間? …ではない?でも、闘ってる感じ?

なんだろう、この絵は…。

首をかしげる私に息子が説明する。なんとこの絵は、スプレーを虫に吹きつけているところなんだとか (゜ロ゜)。

よくこんなシーンを描こうと思いつくなあ(^^ゞ。

スプレーを浴びているのは一匹の赤いクモ。

実際にクモにスプレーをかけたことも、黄色いスプレーもない。

どうやって次々と作品が産み出されていくのだろう。息子の頭のなかは果たしてどうなっているんだろう(^^)。

息子画伯の創作活動はまだまだ続く。

私の息子(子ども)への興味もますます募る。

|

« 息子が好きなんだもの | トップページ | サンタクロースと小人たち »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

わっかりました!! 彼の言葉にできない苛立ちの気持ちが・・まず第一番に、ママに、書き溜めたご自慢の絵を見てもらいたかったのですねー。それなのに、事情が分からず、どうしたのかしら? と怪訝に思って、首をかしげるばかり。一言「スケッチブック見せて。」と言えばよかった!
いやいや。鈍感ばあやのお陰で、大好きなママと中身の濃い充実した時間が持てたこと、喜びましょう。「happyな気持ちでおやすみなさいの言えた水曜日の晩になってよかったね。T君!」
ホントに子供って絵が上手ですよね。本質を、ずばりと掴むという感じ。モーツァルトはチト見当違いのようです。まだまだ修行の足らないパチコより

投稿: パチコ | 2009年11月12日 (木) 15:12

パチコさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
子どもって単純で複雑ですよね。でも大人だってそうかもしれませんよね。愛されたい、褒められたい、認められたいって気持ちは誰にもあるんだろうなあって思います(^_^)。

投稿: tete | 2009年11月14日 (土) 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/32182010

この記事へのトラックバック一覧です: 進化する絵:

« 息子が好きなんだもの | トップページ | サンタクロースと小人たち »