« みんな違って、みんないい | トップページ | 日光江戸村に参る »

2009年11月 2日 (月)

昔はみんな子どもだった

Image1172

昨日は午後から同じ保育園のSさんの家でBBQ。

集まった子どもたちは総勢9名、6家族。

0歳から9歳までの子どもたちがワイワイ・ガヤガヤ。すごいパワー。

子どもたちは遊びに夢中。次から次へ、まあよく遊びを思いつく。

父親たちは父親たちで語り、母親たちは母親たちで語り合う。

そのとき、

ふと、

今の私は 「 誰 」 になっているんだろうと、思う。

友だちのなかの息子も、いつもの 「 息子 」 とは、ちょっと違う顔。

でも、息子の 「 いつも 」 は、保育園の占める割合がほとんど。

保育園では、友だちとのなかでは、こんな 「 息子 」 なんだ!と発見したり驚いたり憂いたり、そんなもんかと安心したり納得したり(笑)。

私は?

会社のなかの自分。

息子の前での自分。

親の前での自分。

夫の前での自分。

友人の前での自分。

息子の友だちの母親の前での自分。

一人でいるときの自分。

いろいろな自分がいて、どれも自分なのだけれど、居心地の良さ、悪さも多少あって、どれも違う自分に感じる。どれが本物? どれが自然?

最近の私は、

会社のなかでは自信をなくし、

息子の前での自分はおちゃらけ気味で、

親の前での自分は心配かけまいと明るく振る舞い、

夫の前での自分はちょっと優しさに欠けることがあり、

友人の前での自分は口数が少なく穏やかで、

息子の友だちの母親の前での自分は緊張しやすく、

一人でいるときの自分は内にこもりがち。

かな。

こんなふうに思うのは、そんないろいろな 「 自分 」 を忘れるくらい、何かに熱中すること、最近ないからかもしれないなあ。

次々と遊びを生み出し、友だちとはしゃぎ、階段をのぼったり降りたり目まぐるしく動き回る子どもたち。

うらやましい! 見ているだけで疲れるけど(笑)。

私にもこんな時代があったんだなあ。懐かしい!

当時、5歳だった自分が愛おしい。

まめっち、みどりちゃん、よしこちゃん、ひろこちゃん・・・

当時、あそんだ友だちは、どんな大人になっているのだろう。

今の大人も昔はみんな子どもだったし、今の子どももみんな大人になっていく。

いっしょだね~

|

« みんな違って、みんないい | トップページ | 日光江戸村に参る »

徒然」カテゴリの記事

コメント

私の子育て真最中時代。体はへぼ用に振り回されへとへとになっていても、「心と頭は自由よ」心の中で歌を歌ったり、昔暗記した古文の一節を口ずさんだり、
頭の中で大好きだった絵本のページをめくってみたり。。大人になってから、子ども時代の愉快な経験に随分助けられました。しかし33歳の時、ついに煮詰まってしまった私は3人の子どもを預けて、一人ロンドンに飛び、一週間。夫も子どものこともすっかり忘れ石畳の街をあてどもなく歩きまわりました。それはすばらしい休暇、「海からの贈り物」でした。飛行機の中では、隣に座った方に「離婚されたのですか?」なんて聞かれましたが・・
teteさんは今、お仕事もご主人の事も、お子さんの事も全力投球中。すばらしいと思います。でも時にはご自分の体以外はお家に置いて、一泊でもよいからたった一人で旅行に出ることを、お勧めします。(もうしていらっしゃるかもしれませんが)出張、家族旅行とはまた違った喜びが得られ、帰宅後はまたまたパワーがよみがえり、ますます居心地のよいママ、奥さん、かっこいい編集者に大変身できますよ!。これは私が保障します。今が人生の華なのです。teteさんの年代は!このことは失って初めてわかりました。

ブログを楽しませていただいている61歳のおせっかいおばあちゃまより

投稿: マジシャン | 2009年11月 4日 (水) 01:30

ふと気付くと、その「場」によって、自分の役割が異なっていることに気づくこと、あります、あります!
出来ることなら、それらが一致するように、歩み寄らせて行きたいけれど。
一方で、偏りなくいろんな面が出せるから「ぱちん」とはじけてしまわないのかも?とも思うなぁ。
自分が居心地悪くなる場が少しでも少なくなるように、お尻をもぞもぞ動かしながら、よい位置をみつけたいですよね。
意味不明のコメント、ごめんなさい。

投稿: momoe | 2009年11月 4日 (水) 06:27

マジシャンさん、コメントどうもありがとうございます! お一人で一週間のロンドン滞在とは! それはそれはすばらしいリフレッシュ休暇になったでしょうね。素敵な時間が持ててよかったですね。
私は一人で映画鑑賞、は実践したことがあります。ささやかなものでしたが、それだけでもリフレッシュできたことを思い出しました。
「体以外は家に置く」というのも素敵な発想ですね。なるほどなるほど~。人生の先輩の言葉は胸に響きます。どうもありがとうございます!

投稿: tete | 2009年11月 5日 (木) 09:26

momoeさん、コメントありがとうございます!
お尻をもぞもぞ動かしながら、よい位置を見つける……、確かに自分で動いてみないことには始まらないですものね。他の人あっての自分とも思うし、自分は自分とも思うし。
大人になるとちょっとややこしくなりますね~(^^ゞ。
それが人生の彩りを味わい深くしているのかもしれませんが(*^_^*)。

投稿: tete | 2009年11月 5日 (木) 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/32055421

この記事へのトラックバック一覧です: 昔はみんな子どもだった:

« みんな違って、みんないい | トップページ | 日光江戸村に参る »