« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の7件の記事

2009年12月30日 (水)

にんぽう

Image1182_2

昨日は一週間ぶり、12月に入って数回目の出勤。

電車に乗るのは本当に久しぶり。

師走の人々が足早に行き交う。みんな歩くのが速い。私も以前はこんなスピードで歩いていたのだろうか。

自分の歩くスピードとのギャップに驚く。

毎週1キロずつ体重を減らしてしまった自分の体力の衰えを痛感。

でも久しぶりの外出は新鮮で嬉しくて、昼食用に赤飯お握りを一個購入。

何とか会社にたどり着くと、席替えをしていてまるで違う部署に来たみたい。

見慣れた自分の席はすっかり無くなり、まとめられた自分の荷物が数個のバットに収められ、中央の新しい席に自分の名前の貼紙と共に置いてある。

自分がいなくても仕事は回り、時間は流れ、会社は時代に合わせて動き、社員はそれについていく。

会社の機動力、一人ひとりの社員の柔軟性、底力の高さを思い知る。
私も以前、このなかで共に働いていたのだろうか。

隣りでパソコンを打つNさんの手の動きの速さにも圧倒される(でもNさんは昔からすごかったけど(^^ゞ)。

それにしても同僚から注がれる視線、かけてもらえる言葉が温かくてありがたい。

今は自分のこと、目先のことで精一杯だけど、この先も仕事はしていきたい。

社会とつながって少しでも社会に貢献しながら、生活の糧を得て家族を養いつつ、自分の力を活かしていきたい。

だから今は仕事は仲間に委ね、頼り、お願いしよう。復帰に備えて体力つけよう。焦らず、できることからしていこう。

そんな思いも新たに帰途につく。

とたんにお義母さんにお願いした息子が気にかかる。

今朝は下がったものの、昨夜は高熱を出した息子は大人しくしていただろうか。

帰宅すると“忍法”に磨きがかかった息子の姿。

お義母さんが来ると、いつも忍者の修業に励む息子(写真は、以前帰宅したらリビングの入口に掛かっていた修業中の垂れ幕)。

何でも自分は忍者の子孫なんだとか。

抜き足、差し足、忍び足。相手の裏をかき、周りを伺い、隙をつく。

夕食中もお義母さんとそんな忍者の立ち居振る舞いを確認し合う息子。

目つきが何だか一人前だ。

将来息子は何になるのだろう。そんな息子の未来に思いを馳せたとき、

「おばあちゃん、ぼく昨日熱が出て、お母さんがお世話してくれてうれしかったの〜」

と突然デレデレし出した息子。

「お母さん、また夕食食べさせて〜。あ〜ん」

ここでいきなり強烈な“忍法あまえの術”を繰り出してくるとは!

( ̄▽ ̄;)

息子にしてやられる(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

お誕生日おめでとう!!

お誕生日おめでとう!!

今年はお母さんの具合がよくなくてごめんね。

お母さんの手づくりバッチでも喜んで胸に付けてくれてありがとう。

6年前、あなたに出会えて本当によかった。

産まれてきてくれてありがとう〜。

、iiiiii
,{〜〜〜}
{〜〜〜〜}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Happy Birthday!


息子との6年分の思い出にひたりながら未来を思う夜…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

12月13日 キッザニアへ

12月13日  キッザニアへ
12月13日  キッザニアへ

12月13日(日)。

夫と息子はキッザニア東京へ。

キッザニアは、いろいろな職業が体験できる3歳から15歳までの子ども向けのテーマパークで、息子は3歳のときから消防士、パン屋、お菓子屋、ピザ屋、救急救命士などを体験してきた。

今回で通算6回めかな。

施設は実物の2/3のスケールで作られ、職業に相応しい制服を来て仕事をする。大人はパビリオンの中には入れないので、まさに蚊帳の外。
でも、親が口出し手出しできないのがかえっていいのかも。

子どもたちは戸惑いながらも真剣な顔で仕事に取り組み、終わってパビリオンから出てくるときはどの子もニッコニコ。

さらに、キッザニアでは“キッゾ”という独自の通貨があり、仕事が終わったあと給料として支払われる。

だからさらに子どもたちの達成感や充実感は満たされる。

息子はこれまで消防士がお気に入りで、毎回消火活動に勤しんでいたけれど、今回は初めてパイロットにチャレンジ。

それからパン屋で実際にクロワッサンを作り、お菓子屋でハイチューを手づくり。

ハイチューのパッケージの後ろに書かれている「製造者」のところには、ちゃんと息子の名前が印字されていてびっくり。

今回、これまで稼いだキッゾで、息子は初めてデパートでの買い物も体験。

このデパートにも大人は入れない。

自分が稼いだキッゾをにぎりしめて、ドキドキしながら買い物をしたんだろうな、私はベッドで息子の報告を聞きながら想像をふくらませる。

息子が買ったのは、“だるま落とし”。

昔にはなかった新しいスタイルのテーマパークで、昔ながらのおもちゃを買って喜ぶ息子が愛おしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

12月10日 息子創作ジュース

12月10日 息子創作ジュース
12月10日 息子創作ジュース

夕方、保育園から帰って来た息子が、Kさんが差し入れてくれたイチゴを見つける。

ぼくが、お母さんにこのイチゴでスゴイジュースを作ってあげる!と、やおら台所に立つ息子。

びっくり感激。

私はリビングで横になりながら、何ができるのだろうとドキドキ耳をそばだてる…

台所から聞こえてくるのは、自分用の包丁を取り出し、何かをまな板の上で切っているらしい息子の独り言。

しばらくすると、用意した材料をテーブルの上に並べ、ジュースが完成するまでを私に見せてくれる。

そしてボールに、刻んだイチゴ、タマゴ、牛乳、水、練乳、砂糖を入れ、

真剣な顔付きで、慎重にそれらを泡立て器でかきまぜる。

しばらくして、音が止まる。出来たのかな? と思ったら、しばし腕組みしながらボールをにらむ息子の姿。

(?_?)おや? どうしたのだろう?

突然息子は、パッと顔を輝かせ、
「仕上げにこれがあるとないとじゃ大違い!」
と言いながら台所へと向かう。

戻って来た息子の手にはバニラエッセンス!

ボールの上で、ひとふりふたふり。

ほ〜ら、いいにおい、美味しそう!
と叫んだ息子は会心の笑み(≧ω≦)/。

コップに入れて渡してくれた息子手作りのスペシャルジュースをうやうやしくいただく。

一口飲んでから、
ミルクセーキみたいなステキなジュースだね、味見をどうぞ、
と息子にコップを戻すと、そのまま息子はグビクビ一気飲み(笑)。

ぼく、ジュース屋になれそう!
お母さん、しっかり売ってよ〜、と息子。

お母さんも雇ってくれるんだ。はい、頑張って働きます(笑)。

お父さんにも飲ませてあげようと、息子は残ったほんの少しのジュースをコップに注いで冷蔵庫にしまいに行く。


しばらくして、

台所に行った私は

心臓がとまりそうになる。


血、血だらけ!?

Σ(゜ロ゜;)

…一瞬血の気がひくも、よく見ると息子が切り刻んだイチゴのしぶきだった…(-.-;)。

ああ、びっくりした…

冷蔵庫を開けると、コップに入った先ほどのスペシャルジュースが目に飛び込む。

コップには付箋も付いている。書いてあったのは、たどたどしいひらがなで
「のみな」。

(^^ゞ

何だか飲まざるを得ないような凄みのある一言に笑ってしまう。

…そういえば、私は口頭で、飲んでみてごらんなさいな、という感覚で「飲みな♪」と息子によく言っているかも…

でも「のみな」という書き言葉にすると、これほどまでの迫力が出るとは!!

ミルクセーキの作り方やバニラエッセンスのことも特に息子に教えたことはない。

日ごろの親の言動をしっかり子どもは見ているのだわ〜と改めて。

子は親の鑑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

紙芝居

紙芝居

昨日からまた一週間絶対安静。

昨日の夕方、保育園から帰って来た息子が、横たわる私を元気付けようと紙芝居を読んでくれた。

つっかえつっかえ、たどたどしく、一文字一文字、懸命に。

読み終わった息子がポツリと一言、「ぼくも読んでもらいたくなっちゃった」。

二人で寝ながら紙芝居を読む。

紙芝居だから、後ろに書かれた文字を読むのがなんとも大変で二人で笑っちゃう。

紙芝居を読んでくれてありがとうね。うれしかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

褒め上手

褒め上手

土日も私は寝たきり。起き上がれず。

そんなとき、息子は私の隣で塗り絵を楽しむ。

コピーした塗り絵のページに色を塗り、周りを切り取って遊ぶ。

コピーしたものがもうなくなってしまったと嘆いていたので、私は塗り絵のページの上に紙を置き、ペンで輪郭をなぞりとって息子に渡す。

息子は大喜び。

ぼくのお母さんはスゴイなあ!

コピーがうまいから、コピー母さんだ!

スピードもはやいし、じょうずだねえ。

どうしてそんなことができるんだろうなあ。うまいねぇ。

などなど、息子の手放しの褒め言葉に思わず赤面(#^.^#)。

褒められると嬉しいものだね。

こんなことでそんなに喜んでくれてありがとうね。

お母さんも、褒め上手母さんをもっと目指すゾ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

いつの間にか三世代

Rimg0297

夕方、カタツムリにキュウリをあげる。

しばらくたって覗いてみると、ややや!

Rimg0296

仲良く食べるカタツムリ親子の前に、おチビちゃんを発見!

Rimg0294

大きさは全長2ミリほど。

いつの間にか水槽の中で三世代目。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »