« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年2月の3件の記事

2010年2月25日 (木)

盲導犬まつり

盲導犬まつり

盲導犬まつり

2月21日(日)、神奈川訓練センターで行われた“盲導犬まつり”に参加する。

以前、盲導犬親子体験デーに参加していたこともあり、盲導犬の説明を聞きながら、そうそうと頷く息子。

バザーでは、子犬のぬいぐるみに一目惚れ。
前回の親子体験デーのときも一目惚れして購入して連れ帰った子犬サンダくん。

新しくきょうだいに迎えた子犬には、カンタくんと命名し、あれから毎晩息子は二匹と一緒に就寝。

理由は添い寝してあげないと、まだカンタくんはさびしがるからだそう(笑)。

よかったね、サンダくん、カンタくん。

Image1421

左がサンダくんで、右がカンタくん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

おへそのあな

おへそのあな

昨日から、妊娠6ヵ月。

ひどいつわりと、切迫流産のおそれで絶対安静を経て、複数あったポリープの摘出手術をしたのは一ヶ月前。

これまであったいろいろなこと…。

今やすっかりお腹はぽっこり、お腹がじゃまして自分からは足元が見えず、内側から蹴られて転びそうになる。

あれだけいろいろなことがあってもお腹の赤ちゃんはすくすく元気。よかったよかった。

お兄ちゃんになる息子は今を逃したらできなくなると言わんばかりに最近とくに甘えん坊。

そんなときに読んだ絵本は、

「おへそのあな」
長谷川 義史 作/絵
BL出版

これまで母親目線や家族の側から赤ちゃんが生まれてくることを描いた作品は目にしたことがあったけれど、赤ちゃん当人の目線から描かれているこんな絵本は初めて。

母親の“おへそのあな”から、赤ちゃんがのぞいている世界は、お兄ちゃん、お姉ちゃん、お父さん、お母さんが、赤ちゃんの誕生を楽しみに待っている日々のくらしの様子。

絵本を読んでから、息子は私のお腹に話しかけたり、自分もこうだったのかと尋ねてきたり。

私自身も勇気づけられ、新しい命の誕生がより楽しみになる。

みんなで待っているからね、赤ちゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

デブン

デブン

昨日は
バレンタインデー。

日ごろの感謝を込めて

夫が喜びそうなチョコをセレクト。

…選んだ決め手は、チョコというより容器だけど…(笑)。

ひとめ見た夫は吹き出し、

息子は

セブン…

じゃなくて、

デブンだ…

と一言。

うまいっ!

(≧ω≦)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »