« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の20件の記事

2010年5月29日 (土)

熊川哲也の“眠れる森の美女”を観る

Image227

それは、5月の最初の土曜日。

息子の友だちの女の子、Kちゃんのバレエ発表会を観に行く。

かわいく着飾り、まるでお人形のように愛らしい仕草の踊りに息子は釘付け。

帰宅後、余韻に浸りながら 「どうして男の人は踊れないの?」 と息子。

たしかに、そのバレエの発表会に男の子、男性の登場はなかった。

「たまたま登場しなかったけれど、男の人もバレエはするのよ。お母さんは子どものころに一度観たことがあるけれど、トランポリンがないのにすごいジャンプをして、すごかったなあ」 とそのときの感動を息子に伝える。

・・・ ということがあり、いろいろやりとりがあって、たまたまチケットがとれたこともあり、5月28日(金)、熊川哲也さん率いるKバレエカンパニーの “眠れる森の美女” を息子と観に行くことに。

まさか息子がこれほどまでに興味を示すとは!

ただ、そうそうたやすくは行けない金額でもあり、タイミングがあった今回を思い立ったが吉日とばかりに放課後汗だくで帰ってきた息子と上野を目指す。

Image222

何とかたどりついたのは、上野の東京文化会館。

幼児はさすがにいず、小学生らしき子どもはいても女の子が数名程度。しかも髪型をアップにしているところからもバレエを習っています!という雰囲気が伝わってくる。

息子は一応襟付きのポロシャツに、持っているなかでも一番のおしゃれな帽子を身につけるも、張り切りすぎてバレエの美しい立ち居振る舞いとは縁遠いこんなガテン系のポーズで写真におさまる(笑)。

「おばあさんとかおじさんとか、年をとったお客さんが多いねー」 と率直な感想を息子が大きな声で言う中、「何かしら? この親子。騒がないかしら?」 といったような視線が注がれているのを感じつつ、私は目立つお腹をかかえ、肩身の狭い思いで観劇席へ。

Image224

観劇した3階席で期待に胸を膨らませる息子。

18時半いよいよ開演。

生のオーケストラの荘厳さ、存在感。

バレリーナの頭の先からつま先、指先まで制御された繊細な動作、仕草。

無重力であるかのような軽やかさ、優雅さ。

そして、よく知っている “眠り姫” だからこそわかる、美しく激しく可憐な踊りにこめられた意味、思い。

同じような思いに包まれている観劇席から時折舞台に向かって発せられる賞賛のメッセージ “ブラヴォー!” 。

きっと何もかも息子には新鮮で驚きで刺激的だったに違いない。

3時間近くあった “眠れる森の美女” 。終わったのは21時半。自分が臨月近いこともあり、今日は万が一を考え、上野のビジネスホテルに一泊。

さすがにいつも21時には眠っている息子に最初の元気はなかったけれど、それでも 「熊川さん、すごかったねー」 と繰り返し口にしながら、徒歩5分ほどのホテルまでジャンプしながら向かう。

日々まかれている、いろいろな “タネ” 。

息子は将来、どんな “花” を咲かすのだろう。

今日という日は、息子のなかでどんな “思い出” になるのだろう。

ベッドに入ったとたんに寝息を立て始めた息子を見ながら、息子の咲かす “花” を様々に思い浮かべながら私も眠る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

いいこと思いついた! ~パート2~

Image202_2

昨日は放課後、近所のアトリエのワークショップに参加。

初めて参加する小学1年生が息子を入れてふたり。常連の2年生がふたりと3年生がひとり。見学の大人が私も入れてふたり。

ファシリテーター役を務めるのは、柔和な笑顔がよくお似合いのご夫婦。メビタマさんに、ミズタマさん。

今月は、“音” がテーマなんだとか。

まずは、筒に巻きつけてバネ状にしたハリガネを付けた紙コップを耳にあてる。

なんだか、この形が、シチュエーションが、たまらなく子どもたちの心を刺激しているのがよくわかる。

耳にあてると、不思議な振動が音になって耳に入ってくる。

今度は、バネ上のハリガネの先に、いろいろなものをぶら下げてみる。

コップを耳に付けて、ぶら下げたものをそっと叩く。

Image204

聞こえてくるのは予想もつかない “音” 。

子どもたちは、次々に 「いいこと思いついた!」 となって、身の回りにあるものをハリガネにぶら下げ、紙コップを通した音色を楽しむ。

初参加の1年生も、顔見知りの2,3年生に交じり、“お母さん” の存在に見守られているという安心感もあるからか、物怖じしないで、のびのび試行錯誤。

この “のびのび” が意外に大事で、案外むずかしい。

何でもやってみてほしい、でも、これだけはやらないでほしい。

いろいろ試してみてほしい、でも、やりすぎはキケンなこともある。

大人や親は、そういったことを何となくキャッチしながら “のびのび” できても、子どもの中には、そんな “ のびのび” は、ただただ窮屈で不便で不自由だと感じる子もいる。

最初、見慣れない大人がふたり見学しているのもあって、いつもの伸びやかで自由なワークショップの “場” に違和感が生じたためか、 ちょうどいい“のびのび” が見つかるまで、ある子どもの「いいこと思いついた!」 と、大人の「それはしないで!」 「そっちは行ってはだめ!」の応酬が何度か繰り返される。

私はなるべく空気のように、それをじっと見守る。

そのうち、大人が 「そのくらいならまあいいか」 となり、子どもの側もただただ目の前の 事や物にひたすら集中し始める。

「大人」 と 「子ども」 という枠もいつしか取れて、そこには同じテーマに取り組む “仲間” がお互いに刺激しあう姿が。

最後に完成したのは、転がるボールがゴールすると美しい音が奏でられる複雑で細部に工夫を凝らした “装置”。

お見事!

Image208

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

いいこと思いついた! ~パート1~

Image186

子どもが、「いいこと思いついた!」 時に見せるキラキラした瞳とほころんだ口元が大好き。

24日(月)は運動会の振り替え休日。

突然、息子の友だちのMちゃんを夕方からあずかることに。

こういうときは、子どもたちの 「いいこと思いついた!」 が刺激されるようなプチイベントをついつい考えてしまう。

というわけで、夕食はありあわせの食材で、手巻き寿司もどき。

( ´艸`) ああ、楽しみ♪

Image188

さっそく、「いいこと思いついた!」 Mちゃん。

なんとも愛らしいお花畑のような、いなり寿司ができ上がる。

ていねいに、ていねいに、カニカマをほぐし、桜でんぶをそっと散らし、キュウリをきちんといなりの中に並べるMちゃんは真剣そのもの。

でき上がった “作品” をいとおしげにしばし見つめた後は、納豆を入れたりアナゴを乗せたり、今度は食欲のおもむくままに大胆に(笑)。

Image191

「こっちも見て!見て見て~!」 と大騒ぎの息子が数秒で作ったのは、

“正義の味方”。

カニカマが目で、納豆が鼻、アナゴが口。

シンプルでわかりやすくて息子らしくて笑ってしまう。

Mちゃんからも 「いいね」 と言ってもらい、満足した息子は一気にパクリ。作るだけでなく食べるのも数秒(笑)。

それからは、お腹が満ちるまで 「いいこと思いついた!」 と言っては作り、作っては食べるを繰り返す。

しかし、これで終わらないのが子どもたち。

食後に二人がリクエストしたのは、かき氷。

Image192

Image193

でき上がったのは、なんとも表情豊かな “かき氷” 。

子どもたちは真摯に向き合う。最後まで。

キラキラしたその瞳で、

ほころばせた口元で。

表情豊かなのは子どもたちもそう。なんていい顔。

たくさん 「いいこと」 が思いついたね。よかったね。

ああ、楽しかった ( ^ω^ )。

素敵なひとときをありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

落花生って

Image213

Image214

4月の下旬に植えてみた落花生。

最近になって、ようやく芽を出した。

でも、こんなふうに

ピーナッツがパカッと割れて、そのど真ん中からスクッと芽がそびえたつなんて知らなかった!

w(゚o゚)w

折りたたまれていた芽が、扇子を開くように葉を広げることも。

落花生が実を結ぶのは、10月ころだとか。

“落花生” って、オモシロイ~

しばらく楽しめそうで、ウレシイ~ 

(*^m^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

いよいよ運動会

いよいよ運動会

いよいよ運動会

快晴。

いよいよ

小学校の運動会の幕開けだ。

息子の鼻息は荒い。

リレーの選手になれなかった悔しさを、ダンスと玉入れにぶつける。

…といっても悲壮感は皆無。

とことん笑顔。

すこぶる元気。

大声で応援。全身全霊で運動会を楽しむ息子。

母は生まれて初めてチャレンジした巻き寿司でエール。

昨夜の息子の寝言は赤組の応援歌。

フレー、フレー、赤組!
ゴー、ゴー、ゴー!!!

すっかり私も覚えた応援歌。

子どもたちに合わせて一緒に歌う。

でもやっぱりどうしても、心のなかでは“赤組”が息子の名前に変換されてしまう。

目で追うのはついつい息子。

楽しかった〜!

運動会が終わり、そう叫びながら駆け寄って来た息子の顔は日焼けして真っ黒。

フレー、フレー、赤組!
ゴー、ゴー、ゴー!!!

運動会の余韻に浸る息子。

よかったね…

がんばったね…

そんな言葉すら出てこなくて、ただただ熱い思いを胸に息子と手をつなぎ、一緒に応援歌を歌いながら家まで帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

見上げると…

見上げると…

…青空。

すっかり色が濃くなった木々の緑。

こういう色は絵の具では表せないな〜

そんな敗北感? 畏怖? 驚嘆?を味わったのは、小学生時代の図工の時間。

今でもそのときのことを鮮明に思い出す。

日中、空を見上げるのは久しぶり。

一年後も、こうして空を見上げたら、何を想うんだろう。

いろんな人や生き物のうえに、同じ空が拡がっていても、感じ方、心のありよう、状況はそれこそ様々。

ふとした子どもの頃の何気ないワンシーンが、こうして大人になった今でも鮮やかによみがえったり、自分の価値観を支え、嗜好を左右するものになっていたり…。

息子は今、この空の下で何を思い、何をしているのだろう。

買い物から帰る階段の途中。空を見上げながら、思い出、想像に浸りながら一休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

仲直り

仲直り

産休に入って久しぶりに電車に乗って遠出。

友人たちの話に耳を傾け、自分の話も聞いてもらいながら、しばしリフレッシュ。ランチを満喫。

帰り道。雨のなか、長い階段をゆっくりゆっくりのぼる。

ふと見ると、階段わきの紫陽花に、やはりお出かけ帰りなのか、まだ羽が畳まれていないカナブンが雨宿り。

みんなそれぞれのペースで生きている。

昨日ケンカした夫と仲直りしよう…

そんな衝動に突き動かされて、ごめんね、とメール。

友人とカナブンと夫に感謝。

明日は晴れるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ポコとペコのつぶやき

ポコとペコのつぶやき

ポコとペコのつぶやき

昨日はにぎやかだったわ〜

ちっちゃいこいカエルちゃんが3匹やって来たと思ったら、

人間の子どもたちも私たちと遊びに来るなんて。

柵の外に出してくれたから、ペコと早速探検に出掛けようと思っただけなのに、

私たちが歩き出しただけで、あんなに子どもたちが手を叩いて笑い声をあげるなんて思わなかったわ (^^ゞ。

しかも、この前と同じように甲羅を子どもたちが磨いてくれたから、また小さくなった甲羅がはずれてすっきりしたわ。

ありがとう、子どもたち。

まあ多少つつかれたり持ち上げられたりしても私たちは大丈夫。

また遊びにいらしてね♪


それにしても…

お祭りのときにやって来た金魚やら、メダカ。

毎年自然に増えていくヤゴ、カエル。

昔からいるドジョウ、最近やって来たアメンボ…、

池のなかも本当ににぎやかになってきたわ。

これから池の周りの紫陽花も見ごろになりそうで、ますます楽しみ♪

ヽ(^^)(^^)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

ピョンピョン

ピョンピョン

ピョンピョン

日曜日、オタマジャクシを見つけに行こう!

と息子と盛り上がり、買い出しの帰りに公園の池へGO。

やって来た池にはたくさんのアメンボ。

オタマジャクシの姿は見あたらず…

と思ったら、一歩足を進めるたびに足元の土くれがざわざわ一斉にピョンピョン動き出す!?

それらの“土くれ”をよく見ると、手があり足がある!! ォオ〜(゜д゜屮)屮。

ちっちゃこい、ちっちゃいこいカエルの一群。

そうかあ、オタマジャクシは春だものね…、移り行く季節を思う。

かくしてコーヒーの空き瓶に3匹。

小指の爪の大きさしかないのに、ガラスに張り付いた姿は大人。どこからどう見てもいっぱしのカエル。

息子とじーっと見入ってしまう。


動きが、“だるまさんがころんだ”みたい!

ちょっとひょこひょこ動いたら、しばらくじっとしてるから!

何を食べるの?

両足をすごい広げてる!どうして!

なんで人間と子どもは同じ食べ物でいいのに、カエルとオタマジャクシでは食べ物がちがうんだろう!


息子の頭からピョンピョン飛び出す“!”と“?”(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

もうすぐ運動会〜

もうすぐ運動会〜

もうすぐ運動会〜

運動会と言えば、“秋”のイメージだったけれど、

息子が入学した小学校の運動会は5月。

風薫る空のもと、運動会の練習を通して先生、子どもたちの絆や連携が深まっていく様子を垣間見る。


足の速さには自信のあった息子。

小学校に入ると当然選ばれると自負していたリレーの選手。

しかし、補欠にも選ばれず、自分より速い子がたくさんいることを思い知り打ちのめされる。

悔しい、

悲しい、

恥ずかしい…、

日々、息子の口からこぼれる嘆きの言葉。

休み時間は、他の子より走るのが遅いから校庭ではなく昇降口で遊ぶの…そうすればチャイムが鳴ってもすぐに教室に戻れるから…。

そう話す息子の横顔は何とも言えずさびしげ。

食欲は落ち、ため息をつく息子。

私は息子の話を聞き、ただただ相槌を打ち、背中をさすり、心のなかで声援を送るのみ。


そんな息子にようやく最近笑顔が戻って来た。

きっかけは運動会で踊るダンス。

切れのある力強いポーズでクラスみんなのお手本に選ばれる。

息子の見本を見たクラスの子どもたちから次々に

ひじの曲げ方がよかった、

足の開き方がかっこよかった、

ピタッととまったところがキマッテいた、

など、よかったところを言ってもらえたと、息子が嬉しそうに話す。

そんな矢先、そのダンスのときに着るTシャツに付ける布の裁断、着色のお手伝い募集のお知らせが小学校から来る。

放課後の教室に担任の先生方と20人程度の有志のお母さんたちが集まり、みんなで作業。

いろいろな思いを経験して楽しい思い出をたくさん作ってほしい…

そんな願いを込めて1枚1枚布を干す。


ぼくは、

2年生のときに

リレー選手になる!

今日、息子は晴れ晴れした顔でそう宣言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

本、本、本…

本、本、本…

産休に入り、長年手付かずだった(!)部屋の片付けと整理をする日々。

朝、息子を見送り、エプロンとバンダナとマスクとゴム手袋を装着。

戦闘開始。

気付くと昼になり、息子が帰宅する時刻になる。

塵も積もれば山となる…を実感させられる日々。

特にウチで“山”となっているのは大量の本。

その時々の仕事の資料として、息抜きとして、1冊1冊と鞄に入れて来た本。

気付けば居住空間を脅かすくらいの存在に!

思い入れのある本、いつかまた読みたい本、手放すともう二度と入手できなさそうな本、何はともあれ手元に置いておきたい本……

いろいろな思いが交差するなか、何とか手放す本を玄関にまとめる。

これでも全体のまだまだ一部…(-.-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

魔人ゴング

Image146

私の小学校時代のあだ名は、“魔人ゴング”。 通称、“ゴング”。

由来は単純で、

図書室で、江戸川乱歩の『魔人ゴング』を読みふけっていた姿をクラスの男子がからかって名づけたもの。

当時の私はクラスで2番目に背が高く、体格も良かったから(当時から変わらない今の私の身長は150センチ・・・!)、

“ゴング”っぽい仕草(胸をこぶしでたたく、ゴリラの例のポーズ)をすると、みんなが喜んでくれるのが嬉しかったっけ・・・


そんな話を入学前の息子に話し、

そのときは新しい環境に入ることを不安がっていた息子を笑わせたり、小学校生活を具体的にイメージさせて安心させたり。

そして、5月。

小学校生活にも慣れ、図書室から本を借りる方法を覚えた息子。

図書室から息子が意を決して借りてきた本は、

江戸川乱歩の『大金塊』!!

w(゚o゚)w

「お母さん、『魔人ゴング』なかったよ・・・

でも、お母さんが好きそうな本があったから、借りてきたよ」と息子。

(^-^;

ありがとう〜、息子・・・。

息子と司書の先生とのやりとりを思い浮かべ、

母は「金塊」が好きなわけではないので、誤解のないように・・・

と思わず心の中でつぶやく小心者の私(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ネコのお弁当

ネコのお弁当

今日は、前回天候に恵まれず延期になった遠足の日。

何とか天気がもってよかったよかった(^O^)。

前回のお弁当のリクエストは、“犬のお弁当”。

今回は、最初は前と同じ“犬”がいいと言っていたのに、クラスの子に見せたいからと、直前で“ネコのお弁当”に変更した息子。

しかも、“ネコ”は玉子の黄色で、その周りはピンクにしてほしい、と注文をつけるほどのこだわりよう (^^ゞ。

小学生にもなると、周りにどう思われるとか、どう思われたいかとかも気にするようになるのね…。ふむふむ、成長してるね〜。

かくして今朝は意気揚々と“ネコのお弁当”を持って行った息子。

帰宅した息子に早速お弁当の感想を聞くと、

前回“犬”だったから、今回は“ネコ”なのね、ふ〜ん…

という感じで、みんなフツウだったよ…と一言。

子どもたちの大人びた反応と、それを何でもないかのように無表情で報告する息子に何だか笑ってしまう。

しばらく経ってから、小さな声で

お弁当おいしかったよ、お母さん

そう言ってくれた息子。

お母さんはそれだけで地球から月まで何往復もできちゃうくらい嬉しくて飛び上がりたい気持ちになっちゃうわ。

でも、そんなに親が単純な生き物だとまだ悟られないように、私も静かに笑みを浮かべながら「よかったよかった」と息子に返す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ペコのつぶやき

ペコのつぶやき

あ〜、おひさまポカポカ気持ちいいわ〜

しかも、甲羅も久々にタワシで磨いてもらって泥も落としてもらったし〜

ペコのつぶやき

今年の冬は、初めてヒーターを使わず、冬眠を経験したけど、かえって調子がいいみたい。

だって身体が大きくなって甲羅がきつくなったもの〜

ペコのつぶやき

ほら見て、この2枚の甲羅。

きれいに剥がれたから、記念に写真に撮ってもらったわ。

ペコのつぶやき

ペコのつぶやき

この家に来たときは、私自身、この甲羅Bよりも一回り小さかったくらいなのに…

こんなに大きくなるなんて私も飼い主もビックリ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ぽっかり

ぽっかり

ぽっかり

何かと予定が入ってしまう土曜日。

お昼頃、次の用事までぽっかり空いた1時間。

何がしたい?

息子に聞くと、

近所の広場でピクニック!

キャッチボール!

フリスビー!

なわとび!

自転車!


…予想はしてたけど、ずいぶん1時間に盛り込むねー f^_^;。


聞いた以上、息子の希望は叶えてあげたいけど…。


息子に時計を見せながら、できても少しになることを説明。


かくして、私がピクニックのシンプル弁当を用意している間、

息子はなわとび(5分)。

自転車に乗って近所の広場に行き(往復5分)、

青空のもとピクニック(7分)。

私が片付けている間に息子はフリスビー(5分)、片付いた後は二人で一緒にキャッチボール(8分)。

まさに分刻みの目まぐるしさ。

ピクニックのシンプル弁当は、

おにぎり、キュウリ、唐揚げのみ。

慌ただしくも、みずみずしいキュウリが美味しく、7分といえども満ち足りたランチタイム。

息子は希望が全部叶って満足気。

いつもはもちろん無理だけど、たまにはこんな忙しなさも楽しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

バナナ犬

バナナ犬

息子が作ったバナナ犬。

もはや犬にしか見えない!

バナナを半分かじるところがコツなんだとか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

跳んで走って…

跳んで走って…心動く

跳んで走って…心動く

富士の家では残りのGWをもっぱら跳んで走ることに費やした息子。

5回しか跳べなかったなわとびが、回数を重ねるごとに、10回、20回と跳べるようになり、その度に両手のこぶしを突き上げて全身で喜ぶ。

自転車はカーブでも転ばないようにバランスを考えたり、全速力で走ってブレーキをかけてみたり研究に余念がない。

そんな息子の姿に触発され、「絶対無理」「もう年だから」「できない」と事あるごとに口にしていた両親が、30年ぶりにとあるスポーツを再開したのも、今回のGWの奇跡的な出来事。

再開したら、無理じゃないこと、身体がまだ覚えていること、できることが身を持ってわかり、満面の笑み…どころか大笑いする親。

万能感、可能性に満ちている息子のすむ世界にふれ、親にともった希望の灯。

ありがとう、ありがとう。
息子の存在にただ感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

富士の家

富士の家

5月3日。

キャンプ組と別れてやって来たのは、闘病中の親が静養している鳴沢村。

アカマツの林の中には、ところどころ鮮やかな三ツ葉ツツジのショッキングピンク。沿道にはそれとは対象的な淡い桃色のフジザクラと、ヤマブキの真夏の太陽のような明るさの黄色い花。

春ならではの競艶。

懐かしくもあり、新たな発見をしたような気持ちにもなる不思議な感覚。

アカマツに囲まれた富士の家。

ひっそりと佇むこの家で、産まれたときから時折すごしてきた。

第二の故郷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

キャンプ二日目

キャンプ二日目

キャンプ二日目の朝。

身も凍る昨夜は満天の星空。

感動した気持ちを、「レンタルビデオみたいな星空!」と言い表した子どものフレーズに笑ってしまう。

零下となった夜でも子どもたちは元気そのもの。

朝ごはんは、焚火を囲んで各家庭が持ち寄ったパン、ホットサンド、タマゴ、バナナ、トマト、挽き立てコーヒーを味わう。

でも子どもたちに一番人気は、焚火で香ばしく焼いたパンの耳(笑)。

朝の清々しい空気や可憐な鳥のさえずりもごちそうごちそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

キャンプ

キャンプ

キャンプ

5月1日。

朝5時半に友人家族たちと集合してキャンプに出発〜!

目的地は、川上村のふれあいの森キャンプ場。
http://w2.avis.ne.jp/~mawarime/fureai.html

妊婦キャンパーは私ひとりだけ(←あたりまえ……というか私が非常識!?…(^^ゞ)。

働く夫と息子のおかげで、あっという間に寝床(テント)が完成 \(^O^)/。


日中は暖かく、

鳥の鳴き声、

そよ風、

鮮やかな緑、

川のせせらぎ、

澄んだ空気に包まれ、

友人たちとのおしゃべり、子ども達の遊ぶ姿に癒される。


来てよかった…


しかし、日が落ちた夜は零下。まさに凍える寒さ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »