« 富士の家 | トップページ | バナナ犬 »

2010年5月 6日 (木)

跳んで走って…

跳んで走って…心動く

跳んで走って…心動く

富士の家では残りのGWをもっぱら跳んで走ることに費やした息子。

5回しか跳べなかったなわとびが、回数を重ねるごとに、10回、20回と跳べるようになり、その度に両手のこぶしを突き上げて全身で喜ぶ。

自転車はカーブでも転ばないようにバランスを考えたり、全速力で走ってブレーキをかけてみたり研究に余念がない。

そんな息子の姿に触発され、「絶対無理」「もう年だから」「できない」と事あるごとに口にしていた両親が、30年ぶりにとあるスポーツを再開したのも、今回のGWの奇跡的な出来事。

再開したら、無理じゃないこと、身体がまだ覚えていること、できることが身を持ってわかり、満面の笑み…どころか大笑いする親。

万能感、可能性に満ちている息子のすむ世界にふれ、親にともった希望の灯。

ありがとう、ありがとう。
息子の存在にただ感謝。

|

« 富士の家 | トップページ | バナナ犬 »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/34548123

この記事へのトラックバック一覧です: 跳んで走って…:

« 富士の家 | トップページ | バナナ犬 »