« 一緒… | トップページ | としくん、よしくん »

2010年6月19日 (土)

待合室

待合室

私だけが退院し、授乳のために朝と夕方通う産院の待合室は、診療時間外のこともあってとても静か。

いわさきちひろの絵が飾られている産院の待合室。

いわさきちひろは、平和と子どもの幸せを願い、55歳で亡くなるまで、子どもを生涯のテーマとして描き続けた。

彼女の絵の柔らかく温かい雰囲気は、このこじんまりとしたアットホームな産院と、この産院で常に笑顔で母子に接してくださるH先生の優しい人柄そのもの。

母と子が見つめ合っているこの一枚の絵の前で立ち止まり、つい見入ってしまうのは、

いま、まさに我が子を見つめながら授乳してきた自分と重なるから…?

こんなふうに元気になるから大丈夫と、絵が私を励ましてくれているように感じるから…?

今は元気いっぱいの“お兄ちゃん”も、やはり同じ理由で6年前は一緒に退院できなかったことが思い出されるから…?

経済的な理由で、産まれた我が子としばらく別々に暮らしたといういわさきちひろは、どんな胸中で絵を描いていたのだろう。

ちひろの絵に別れを告げて待合室を出る。

また明日も会いに来るからね

|

« 一緒… | トップページ | としくん、よしくん »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/35370677

この記事へのトラックバック一覧です: 待合室:

« 一緒… | トップページ | としくん、よしくん »