« 目指すのは? | トップページ | おしばな »

2010年8月 1日 (日)

ほめ上手

今年初めて“夏休み”を迎えた小学1年生。

“夏休み”といっても親は仕事がある場合、子どもたちは学童クラブへ。

学童クラブの始まる時間は、8時30分。

親が家を出て仕事に行く時間は、だいたい7時から7時30分。

よって、学童クラブが始まるまでの約1時間を子どもたちは一人で過ごす。

でもそれは心配だということで、来春まで育児休暇の私の家が学童クラブが始まるまでの待機場所に。

単なる“場所”の提供と思っていたけれど、やはり子どもたちは遊びの達人。

1時間をめいっぱい使い、次々と湧き出るアイディアをもとに、目まぐるしく身体を動かしたり、じっくり作業に没頭したり。

さらに舌をまいたのは、

…わあ、器用だなあ。これもやってみてくれる?

…お母さんは上手だなあ。頼んでよかった。

…切るのも早くてすごいなあ。こっちも切ってほしいな。

など、子どもたちがとっても“ほめ上手”なこと。

「自分たちでやりなさい!」と言おうとしていたのに、おだてられてうっかりすっかり私も熱中 (^^ゞ。

…お母さんが、としくんのお母さんでよかった〜

なんて台詞に私の心は天まで舞い上がる(笑)。

“やる気”って、ほめられたり認められたりすると簡単に出るもんだねぇ。

我が身をもって改めて実感。

思いがけず楽しい朝の1時間。

ほめ上手

最初に製作した“パラシュート”。
レジ袋を四角く切りぬいた端をさらに切って八角形にし、それぞれの頂点に30センチ程の糸をセロテープでつける。
束ねた糸の先に洗濯バサミなどの重しを付けたら出来上がり。

出来上がったパラシュートを軽く折りたたみ、高いところから放ると、途中でパラシュートが開き、フワリフワリと漂いながら落ちてくるのが何とも楽しい。

ほめ上手

段ボールで作った即製テーブルの上で、パラシュートの傘部分に絵を描き、着色。
段ボールは子どもたちにとって便利な素材。(左上にはいつの間にか周りを段ボールで囲まれてしまったよしくんが f^_^;)

ほめ上手

昔懐かしの割り箸でっぽう。
うちわを盾に輪ゴムを撃ち合いながら“エコ(なおもちゃ)だね!”と連呼しあって大笑いする子どもたち。
発想の奇抜さや意外性など、子どもたちの発する言葉を聞くだけでも面白い。

|

« 目指すのは? | トップページ | おしばな »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/35992300

この記事へのトラックバック一覧です: ほめ上手:

« 目指すのは? | トップページ | おしばな »