« 百日祝い | トップページ | コイル線隊 エンジニアーズ! »

2010年10月 1日 (金)

カブ

カブ

夏に、キュウリやらトマトやらナスやらをプランターに植えてみたものの、

そこそこ楽しめたとはいえ、収穫量も味も大きさも何だかイマイチで、市販の野菜の素晴らしさが身に染みる(笑)。

餅は餅屋だと、改めて農家の人々にも頭が下がる。

とはいえ、家の野菜たちもお日様や水は浴びていたから、肥料(土)を改良すれば、もうちょっと何とかなるのかも。

やり、庭の土をそのまま使ってしまったのがいけなかったのよね…きっと。

つらつら省みつつ、次(の野菜)はどうしよう…

土作りなんて、よくわからないし…。

思い悩んでいたら、こんなものを発見!


“おうちで育てるカブの種と土セット”

ォオー!!(゜д゜屮)屮

すべてそろっている!!

としくんも学校で“大きなカブ”をやったことだし(←URL:
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/164825/159166/64540100?page=1)、

ちょうどいいかも!

さっそく植え付け。楽しみだなあ。

大きな

大きな

カブになあれ o(^-^)o

|

« 百日祝い | トップページ | コイル線隊 エンジニアーズ! »

徒然」カテゴリの記事

コメント

teteさま

今日はお久しぶりにお目にかかれたことが、私にはトップニュースです!

ところでねえ、土のことですが。

プランターは生態系と切り離された小宇宙をなします。温度、湿度、微生物の調整とも人間がせねばなりません。よほど、庭にそのまま種まき、苗つけなさるほうがよいことでしょう。

でもお庭の土は、野菜とよばれる人間サマ向き離乳食的お嬢様植物を育てるにはハードボイルドな環境。

少なくとも、種まきの2週間前に酸度を調整し、1週間前に堆肥、肥料を入れ、なじませてから種まきです。

私は、来年からパーマカルチャーを導入しようと思っているところです。

投稿: yukiko | 2010年10月 7日 (木) 00:38

yukikoさん、私もyukikoさんがまだ海外だと思っていたので、国内(しかも職場で!)お目にかかれてびっくり&嬉しかったですhappy01
yukikoさんがおっしゃるように“土”は奥が深いですね。“小宇宙”のたとえにぐっときました。

カブの芽は本葉が出てきました(^o^)。

投稿: tete | 2010年10月18日 (月) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/37049777

この記事へのトラックバック一覧です: カブ:

« 百日祝い | トップページ | コイル線隊 エンジニアーズ! »