« 保育園入園を申し込む | トップページ | 今年最後の読み聞かせ »

2010年12月 3日 (金)

0.1kg

0.1kg

夕食の準備で忙しない中、

としくんに、0.1kgはどのくらいの重さ?

と聞かれ、

100g。

と答えになっていない返事をする。

100gはどのくらいの重さ?

と、さらに畳み掛けられ、

台所でバタバタしていた私は、

としくんに無言ではかりを渡す。

「そういうことね」と、何やら勝手に納得してくれて、としくんは部屋にあるものを片っ端からはかりに載せ、はかりが100gを示すかどうかを確かめる。

みるみる散らかる部屋。

見かねて私は、100gになるものを探すんじゃなくて、100gになるまで物をはかりに載せていったら?
と、としくんに物申す。

まず、ジクソーパズルの空き箱、その上に財布、さらにその上に何かを載せると、とたんに100gを大きくオーバー。

しかも、ボールやオモチャをはかりに載せては山が崩れてやり直し。

丸い形や不規則な形のものは、うまく上に載せられない。

何度か試行錯誤し、としくんと「ホッチキスの針!」を思いつく。
とたんにいい感じで99g。

あと1g。

躊躇せず、としくんはホチキスの芯のかたまりをほぐして、一針一針はかりに載せていく。

デジタル表示ゆえ、載せても載せても99g。こういう時はアナログ表示の方がわかりやすい。

しかし、これ以上ホチキスをほぐされてはたまらない。寛容でない私は自ら針のかたまりを手に持ち、はかりの上へ。

これで見事に100g。

おお!

100gをピタッと示したはかりを二人で見つめて拍手する(笑)。

そうなんだ、このくらいの重さなんだ、と呟くとしくん。

ところで、どうして100gの重さが知りたかったの?

私の質問に、今度はとしくんが黙って持ってきた本のページの一部分を指で指す。


0.1kg


【もっとも軽いポケモンベスト5】
第1位 の重さが、0.1kg。


…なるほど、それで知りたかったのね…。

私は再び料理に没頭。

としくんも再びポケモン図鑑に没頭。

|

« 保育園入園を申し込む | トップページ | 今年最後の読み聞かせ »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/37975089

この記事へのトラックバック一覧です: 0.1kg:

« 保育園入園を申し込む | トップページ | 今年最後の読み聞かせ »