« 一人二役 | トップページ | 初日の出 »

2010年12月31日 (金)

20年後

101230_1611331

年末は、お客様が多く我が家に足を運んでくれて、楽しい宴。

仕事の話、人間関係の話、人生の話、信念の話、もろもろ。

共感、相談、同意、発見、相槌、感謝、さまざま。

昨日は、お客様自ら食材持っていらっしゃり、何やら夫と台所。

宴の準備が整うまで、わたしは久しぶりに日曜大工(笑)。

壁に棚を取り付け、すっきり、にっこり。


「20年後のことも考えておかないと・・・」

「無理に動かそうとしても難しい。時が満ちるのを待たないと・・・」



昨夜や最近した会話に出てきた、それら共通のフレーズが今日も頭のなかをぐるんぐるん。

だって、20年後といったら、としくんは30歳近く、よしくんは20歳、私は60歳目前。

そのとき、両親は、家族は、日本は、世界は、地球はどうなっているのだろう。頭に描けない。

時が満ちるのを待つといったタイミングの大事さも本当によくわかるけれど、

新薬の承認や移植など、「今すぐ!」を待ち望んでいる人の顔や、混迷を極める今の政府や政治の状況、里親が必要な子どもたちのことが頭に浮かんできて、待っている場合ではないという焦燥感もこみあげてくる。



どれも単純ではないだけに、頭のなかはぐるんぐるん。


何はともあれ、今年は今日がさいご。

自分ができることを一つひとつしていこうと、改めて。



今年も多くの人に感謝でいっぱい。

どうもありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎えください。

|

« 一人二役 | トップページ | 初日の出 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人二役 | トップページ | 初日の出 »