« 小田原こどもの森公園わんぱくらんど | トップページ | ドクターイエローだと思ったら… »

2014年5月 9日 (金)

こども環境相談室」2

Image


4月下旬、林の中で見つけた奇妙なもの。


木の実?


タコ(笑)?


一体これは何だろう?


子どもの時は、こんな時、

「変なもの見つけた! これなあに!?」と何でも父親に尋ねていたものだけれど。

そうだ!

5年前にも聞いた、あそこに聞いてみよう、と思いつき、としくんと写メールを送ってみる。

「富士山麓の赤松林の中で、不思議な植物を見つけました。

 種でしょうか?

 この奇妙な形のものは、写真に撮った場所にのみありました。

 とっても不思議だったので、前にも質問したことのあるこども環境相談室にメールしました。 

どうぞよろしくお願いします。」



送った先は、

財団法人、日本環境協会が行っている 「こども環境相談室」。

環境に関するいろいろな疑問や質問をメール、電話、ファックス、手紙で問い合わせると、それぞれの専門家が丁寧に答えてくれる。

以前、奇妙な生き物をバケツの中に見つけ、その正体を問い合わせた時も、とても温かい回答が来て感動したのを思い出す。(前の記事はコチラ


メールを送って、

数日後、待望の回答が!

「ツチグリと言うキノコです。東北地方では食用になっているようです。」


へえ!

キノコ!

しかも食べられるとは!

早速、“ツチグリ” でさらに検索、インターネットで調べてみる。

なんと、このキノコ、

晴れた日には開いていた皮が閉じ、雨が降ると、周りの皮が反り返り、中身が姿を現すのだとか。

確かに、このツチグリを見つけた日の前日は大雨で、当日も時折小雨が降っていた。

それにしても初めて知ることばかりで面白い!

ツチグリの皮が開いたり閉じたりする仕組みについて、わかりやすく説明されていたのは、こちらの動画。



ところで、以前、

これ何だろう?と思っても、何かがわからないから、図鑑で調べることもできないと、ボヤいていたとしくん。

そんな時は、こんな風に写真を撮って問い合わせることができる先があるってありがたい。

しかも、この「こども環境相談室」のスタンスがとってもステキ。

こども環境相談室では、

環境への関心に基づいたご相談に対して回答や結果をすぐ教えるというより、

こどもたちが抱いた貴重な「環境への“?(ハテナ)”」を活かし、自らの力で学び、考え、問題解決に取り組むことができるよう、

環境学習の一環としてアドバイスさせていただいております。

今日、仕事から帰ったら、こんな回答が来ていたよ、と、としくん、よしくんに伝えよう。

結果だけ渡すのではなく、

その先のワクワクや、フムフムにつながるように。

どんなふうに伝えよう〜 (^^)。

|

« 小田原こどもの森公園わんぱくらんど | トップページ | ドクターイエローだと思ったら… »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/56125694

この記事へのトラックバック一覧です: こども環境相談室」2:

« 小田原こどもの森公園わんぱくらんど | トップページ | ドクターイエローだと思ったら… »