« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の8件の記事

2014年5月21日 (水)

帰り道





この前、


保育園からの帰り道、


よしくんが来ない。


振り返ると、しゃがんでいる。








何してるのー?と言いながら近づくと、四つ葉のクローバーさがしているのーと返事。







しばらく一緒に探して、見つからなかったねーと言いながら、すっかり陽の暮れた道をまた手をつないで帰る。





四つ葉のクローバー、いつか見つかるかな…














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

親子遠足 〜こどもの国〜







よしくんと初めての保育園の親子遠足。


行き先は、こどもの国。


当日は早起きしてお弁当作り。


としくんの野球の練習がなかったので、家族4人分。


親子遠足は、年少(3、4歳児)クラスからなので、としくんの時と合わせると、親子遠足でこどもの国に訪れるのは、プライベートを除いて4回目。


よしくんは前の日からハイテンションで全然眠らず(笑)。


としくんは久しぶりに保育園の先生に会うことにナーバス気味(笑)。


そんな二人を喜ばせたくて頑張ったお弁当作り。特におにぎり。







目のまわりは魚肉ソーセージ。


口のまわりはチーズ。


お耳はソーセージ。


顔はおかかのおにぎり。


ほっぺは桜でんぶ。


ちょっとした相棒は、うずらの卵のヒヨコもどき(笑)。


先生が、今日はどんなお弁当かな?と子どもたちに尋ねると、


おにぎり〜!


サンドイッチ〜!


ハンバーグ!


とみんなが叫ぶ中、よしくんは、


クマ〜! クマ〜!!


と絶叫して、戸惑う先生(笑)。


お弁当タイムのその前に、みんなでゲーム。







イモムシゴーロゴロの音楽に合わせてダンス!? 息の合う兄弟コンビ。


ゲームの後は、おやつタイムに向け、山の中腹にセッティングされたお菓子目掛けて子どもたちが猛ダッシュ。


年少児部門で、よしくん一等〜!


小学生部門で、としくん一等〜!


さすが、やんちゃで逃げ足の早い我が息子たち。本領発揮(笑)。


お腹が満たされた後は、牛や羊を見たり、アスレチックで身体を動かしたり。







兄に触発されて、どんどんチャレンジする弟。見守る方はハラハラドキドキ。


そんな二人を見つめながら、ふと物思い。


よしくんが年長で、保育園生活が最後の年、


としくんは中学1年生。新しい生活が始まっている。


よしくんが小学6年生で、小学生時代最後の年、


としくんは順調にいけば大学一年生。もしかしたら、車の免許も持っているかも…


そんなことを思ったら、


とても貴重な親子遠足。


また来年もみんなで来られるかな?


まだ飾られていた鯉のぼりに見送られつつ帰った親子遠足。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

変身(笑)





今朝は久しぶり

よしくんと保育園。

たくさんのダンゴムシを見つけながら。

そして、よしくんも

ダンゴムシに変身!

なぜ!?(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

ドクターイエローだと思ったら…







これなあんだ?


オモチャじゃないよ、と、よしくんニヤリ。


ドクターイエローでしょ〜!、と、私もニヤリ。



ブブー! よしくんニヤリ。



えっ!? 違うの?



これはね…











爪切り〜!



ええっ!




ほんとだ!




それでね、と、またまたよしくんニヤリ。












光るのー!




えええっ〜!!!




いつの間にかわが家にあった “爪切り” にビックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

こども環境相談室」2

Image


4月下旬、林の中で見つけた奇妙なもの。


木の実?


タコ(笑)?


一体これは何だろう?


子どもの時は、こんな時、

「変なもの見つけた! これなあに!?」と何でも父親に尋ねていたものだけれど。

そうだ!

5年前にも聞いた、あそこに聞いてみよう、と思いつき、としくんと写メールを送ってみる。

「富士山麓の赤松林の中で、不思議な植物を見つけました。

 種でしょうか?

 この奇妙な形のものは、写真に撮った場所にのみありました。

 とっても不思議だったので、前にも質問したことのあるこども環境相談室にメールしました。 

どうぞよろしくお願いします。」



送った先は、

財団法人、日本環境協会が行っている 「こども環境相談室」。

環境に関するいろいろな疑問や質問をメール、電話、ファックス、手紙で問い合わせると、それぞれの専門家が丁寧に答えてくれる。

以前、奇妙な生き物をバケツの中に見つけ、その正体を問い合わせた時も、とても温かい回答が来て感動したのを思い出す。(前の記事はコチラ


メールを送って、

数日後、待望の回答が!

「ツチグリと言うキノコです。東北地方では食用になっているようです。」


へえ!

キノコ!

しかも食べられるとは!

早速、“ツチグリ” でさらに検索、インターネットで調べてみる。

なんと、このキノコ、

晴れた日には開いていた皮が閉じ、雨が降ると、周りの皮が反り返り、中身が姿を現すのだとか。

確かに、このツチグリを見つけた日の前日は大雨で、当日も時折小雨が降っていた。

それにしても初めて知ることばかりで面白い!

ツチグリの皮が開いたり閉じたりする仕組みについて、わかりやすく説明されていたのは、こちらの動画。



ところで、以前、

これ何だろう?と思っても、何かがわからないから、図鑑で調べることもできないと、ボヤいていたとしくん。

そんな時は、こんな風に写真を撮って問い合わせることができる先があるってありがたい。

しかも、この「こども環境相談室」のスタンスがとってもステキ。

こども環境相談室では、

環境への関心に基づいたご相談に対して回答や結果をすぐ教えるというより、

こどもたちが抱いた貴重な「環境への“?(ハテナ)”」を活かし、自らの力で学び、考え、問題解決に取り組むことができるよう、

環境学習の一環としてアドバイスさせていただいております。

今日、仕事から帰ったら、こんな回答が来ていたよ、と、としくん、よしくんに伝えよう。

結果だけ渡すのではなく、

その先のワクワクや、フムフムにつながるように。

どんなふうに伝えよう〜 (^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

小田原こどもの森公園わんぱくらんど

GW最終日。

家族がそろった唯一の日に目指したのは、

小田原こどもの森公園わんぱくらんど



豊かな自然のなか、いたるところに遊具があって、

子どもたちが心底“わんぱく”になれるすてきな場所。

あちこちにあるトイレもキレイ。





↑「わんぱく大橋」。

渡る前からワクワク。





↑冒険心をくすぐる「アスレチック広場」。

坂道があって、ロープがあれば、

幼児も小学生ものぼるのぼる。

かたわらに階段があったり、のぼる手立てがいくつか用意されていたりするから、

自分のペースと自分の力量で楽しめる。





高いところに立つと気分爽快。

としくんも思わず高笑い(笑)。



とにかく広大なわんぱくらんど。

移動は、汽車で。






よしくんお気に入りは、「うなぎ沢」。

念のために持って行った水着に着替える気合いの入れよう(笑)。





最後は乗馬も楽しんで、





みんなニッコリへとへと (^^)。

コイノボリに見送られつつ、名残を惜しみつつ、また来るね~



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

こどもの日






こどもの日、

としくんの所属する野球チームで親子試合。

GW初日から体調を崩していたよしくんも何とか回復したから良かった。

私は生まれて初めてピッチャーを体験。

お母さんチーム対小学4年生チーム。

9時半から試合開始。

試合直前に、ピッチャーやってね、なんて言われて、えーっと言いながら、ちょっと興味はあって、物は試しと引き受ける。

もう一人のお母さんと交互に投げるという条件で。

案ずるより生むがやすし、

なんてことはなく、

知っているのとやってみるとでは大違い。

距離を狭めてもらっているにも関わらず、キャッチャーまでがひたすら遠く、

なかなか投げたい方向に飛んで行かず、

ボールも私も、

のろのろよたよたぼてぼてへろへろ。

それでも時々バッター目がけて飛んで行くから、ひゃあと言いながら身をよじる4年生 ^_^; 。

ふだんより広いストライクゾーンはお約束。

とにかく必死に、ピッチャー、バッター、守備をこなして、蓋を開ければ、
7対7で試合終了〜

ふ〜




5年生、6年生チームが対戦したのは、お父さんチーム。

ホームスチール、ヘッドスライディング、バッター、ピッチャー、としくんも相変わらず燃えまくり、吠えまくり(笑)。

父親たちも発奮し、意地を見せ、まだまだ子どもに負けてなるものかと力を振り絞る。

それでも徐々に体力は失われ、だんだん無口に、無表情に(笑)。

そんな死闘(⁉)の裏で、よしくんも実に年の差80歳のピッチャー相手にバットを振って、

まさに老若男女、みんなで野球をしたこどもの日。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ほどよいキュウリ







食べることが大好きなよしくんは、


台所から物音が聞こえると


いつもそそくさやって来て、


自分も作りたい、作りたいと大騒ぎ。


2歳ころから、いっしょに子ども包丁をにぎっていたからか、


キュウリを切る手つきも板についてきた。


この写真のあと、


たまにはキュウリ以外も…、


と手に取ったプチトマト。


キュウリを切る要領でサクッ!


…のはずが、


むにゅ…?


ピシューッッ!!!


トマト大ばくはつ。


あたり一面トマトトマトトマト ^^;。


ジャガイモは固すぎ、


ニンジンもちょっと固くて、


トマトはやわらかいけど皮が切れにくい。


ということで、


包丁で切るには、


キュウリが一番。


よしくんと、そんな再確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »