« 野球始め | トップページ | 改めて。 »

2015年1月19日 (月)

ペレのあたらしいふく



最近早起きのよしくん。


せがまれるままに、iphonでキッズ向けの動画を見せ、その間、また布団に包まれる…


なんてことをしていたら、案の定、それを知った家人に怒られ、確かにそうだよね…、と反省反省。


…というわけで、心を入れ替え、動画の代わりに絵本の読み聞かせ。


閉じそうになるまぶたのせいで、まばたきの感覚が異様に長くなったり、あくびを堪えて呂律が回らなくなったりしながらページを繰る。


今年初めて「これ読んで!」と、よしくんが手にした本がこれ。







ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本) 』
エルサ・ベスコフ
福音館書店



なんて今年の一冊目にふさわしい!


今年の干支が表紙にも、めくったページにも。







刈ったひつじの毛を携え、様々な人の元を訪れるペレ。


まさにギブアンドテイクの関係を繰り返しながら、徐々にペレの服が出来上がっていくというストーリーは、何だか愉快で新鮮な読み心地。







労働の喜びや醍醐味も思い出し、働く意欲も湧いてきた。




……という心持ちだったお正月からあっという間に三週間。




……現実の世界で、労働には、対価が得られないものもあれば、対価が得られたとしても期待や裁量権、目的がなければ意欲を持ちにくいこと、過重な負担は心身に負担を与えることなども考えさせられる日々 (ー ー;)。





あこがれるなあ、“ペレ” 。





|

« 野球始め | トップページ | 改めて。 »

絵本・本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/58630251

この記事へのトラックバック一覧です: ペレのあたらしいふく:

« 野球始め | トップページ | 改めて。 »