« いろいろな「大丈夫」 | トップページ | 泣いた場所 »

2015年4月 8日 (水)

「がんばって!」より「がんばってるね!」







昨日の朝、突然、目に入った庭の金木犀の新芽。


一斉に天に向かってニョキニョキニョキ。


生命力の瑞々しさや溌剌としたエネルギーに圧倒させられる。


そんな「瑞々しさや溌剌」というイメージと重なるNさん。あこがれの女性。


Nさんは、会社の元同僚。先輩。思慮深くて賢く、懐のあつい人。頼れる姉貴でユーモアもある。


元気いっぱいの金木犀を見ていたら、そんなNさんを思い出し、そんなNさんから「がんばってるね!」と声をかけてもらえて無性に嬉しかった気持ちも蘇る。


そう、「がんばって!」よりも「がんばってるね!」の方が、言われたときの嬉しさがちがう。


「がんばって!」だと、“これから、がんばって” と良い結果を期待されているように感じるけど、


「がんばってるね!」だと、“これまでも、がんばっていたよね。知ってるよ、わかっているよ” と、プロセスの努力を認めてもらったように思えるから。






としくんが、昨日の夕食の後、「最近のランドセル、すごいんだ!」と思い出したかのように話し出す。


一年生に、「黄色い帽子はランドセルにしまってください」と説明した後、ランドセルの留め具を締めるところは手伝ってあげようかな…と思っていたら、


みんな一斉に留め具が自動でカシャンと回るんだ!


留め具のところにボタンが付いていて、それを押すと、勝手につまみが回って締まるんだよ!


もう一年生に見せてもらったときは、ウォ~!!!スゲ~!!!だったよ、


と、興奮しながら教えてくれる(笑)。


私もそんな自動ロック機能なんて知らなかったので、ビックリ。今はそんな機能がついているとは!!!


それを聞いたよしくんが、ランドセル欲しい~! もう欲しい~!と大泣き(笑)。


それにしても、としくんが一年生相手にそんな説明もできる、最上級生になっているだなんて。


とたんに、としくんが一年生になったばかりのとき、新しいランドセルを古巣の保育園に見せに行ったときのことなどがよみがえる。


「6年生になって、がんばってるね」


私もとしくんにそんな声をかける。






★としくん一年生。ランドセルを保育園に見せに行ったときのこと。
→http://s.ameblo.jp/milk0141/entry-10508068865.html

|

« いろいろな「大丈夫」 | トップページ | 泣いた場所 »

発見!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/59565266

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんばって!」より「がんばってるね!」:

« いろいろな「大丈夫」 | トップページ | 泣いた場所 »