« 大当たりでコンバトラーV! | トップページ | 久〜しぶりの新入社員研修 »

2015年5月 8日 (金)

生きているのか死んでいるのか

GW最終日は家族で朝から釣りに。

O0480036013300196729







釣れたニジマスは、その場で捌いてもらい、好きな調理法でいただける。



O0480036013300196710






バケツ一杯に釣れたニジマスを、塩焼きと唐揚げにしてもらったところ、あまりに美味しかったのか、晩ご飯用のニジマスも釣りたいと、お昼ご飯の後も釣り。




O0480064013300196829






釣れたニジマスは、ピチピチはねて、何度かバケツから飛び出して自ら池に戻ってしまうくらい活きがいい。






餌にむらがるニジマス。上がる水しぶき。


手応えを感じると同時に、釣竿はしなり、強い力で引っ張られる。


ぬるぬるした胴体。光るウロコ。


口から血が流れたり、抑えた手の中でもがいたり暴れたり。


それがまさに、生きている姿。


ニジマスの命。





持ち帰ったニジマスは、としくんのリクエストで、再び塩焼きと唐揚げに。


よしくんも一緒に料理をしたいと言うので、二人でチャレンジ。


発泡スチロールのケースからニジマスを取り出すと、あんなに活発に動いていたニジマスが身動き一つしないで静かに横たわっている。


「なんでもう動かないの? 死んだの?? なんで死んじゃったの?」


よしくんがニジマスをじっと見ながら不思議そうに何度も問いかける。


しかし、動かないニジマスを掴もうとしても、ヌルヌルしてなかなか掴めない。掴めたと思っても、突然ツルッと手から抜けて、あちこちに飛び出す。


「お母さん、ニジマスはやっぱり生きているの? 生き返ったの!?」


手から飛び出すニジマスに、びっくりしながら尋ねるよしくん。


実は魚を捌いたことなんてほとんどないどころか、丸ごと一匹のニジマスを扱うのは今回初めての私…。


よしくんの質問に答える余裕は全くなく、
うわっ! どうしよう!? えいっ!
と、声を上げながら調理に四苦八苦。


もうこの一匹だけでいいよね?


と弱気になる度に、よしくんからダメ出しされたこともあり、


三匹のニジマスは全身に塩をぬって塩焼きに。


O0480036013300196766





残り三匹のニジマスは小さく切って、小麦粉と片栗粉と塩コショウを入れたビニール袋の中で衣をつけ、油で揚げて、唐揚げに。



O0480064013300196795





付け合わせは、玉子焼きと簡単なサラダ。


「お母さん、たまごは生きてるの?」


卵を割るのを手伝いながら、質問を続けるよしくん。


うーん、そうだねえ…。冷蔵庫に入っていたからねえ…と、答えにもならないような返事をする。


「ああ、冷蔵庫に入れたから死んだの? じゃあ、やさいは? やさいは生きてるの?」


うーん、野菜はそうだねえ、じゃがいもとか、そのまま置いておくと芽が出てくるしねえ…


「やさいも切ったら死ぬの?」


答えていくうちに、だんだん禅問答のようになってきて、改めて「生きているか死んでいるのか」に答えることの難しさを痛感する。


そう言えば、幼い子どもたちに、「生きていると思うものに丸を付けましょう」という問題を出すと、かなりの子どもたちが、雲や太陽に丸を付けると聞いたことがある。理由は「自ら動く」から。


動くか動かないか、は子どもたちの重要な判断材料になっているのだそう。


でも、そうなると、ロボットや時計も生きていることに!?


とここで、2013年に出題されて話題になった、麻布中学の理科の問題を思い出す。



「右図は、99年後に誕生する予定のネコ型ロボット『ドラえもん』です。この『ドラえもん』がすぐれた技術で作られていても、生物として認められることはありません。それはなぜですか。理由を答えなさい」



これがその問題。


「生きているか死んでいるか」という問いとは少し違うけれど、もし身近にドラえもんがいたら、「無生物」と知っていても「生きている」と思うだろうなあ…






そんなことを考えているうちに、出かけていたとしくんと夫が帰宅し、食卓の上のニジマス料理に歓声を上げる。得意げでうれしそうなよしくん。お腹よりも先に頭がいっぱいになってしまった私 ^_^;。


「今日はありがとう。いただきます」


みんなでニジマスに手を合わせる。

|

« 大当たりでコンバトラーV! | トップページ | 久〜しぶりの新入社員研修 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/59915468

この記事へのトラックバック一覧です: 生きているのか死んでいるのか:

« 大当たりでコンバトラーV! | トップページ | 久〜しぶりの新入社員研修 »