« 黄色い旗を振る朝 | トップページ | わが家に来て16年め »

2015年5月27日 (水)

小学生時代最後の運動会



連日、運動会の練習と野球で、日増しに黒くなるとしくん。


先週の土曜日は小学生時代最後の運動会。


日差しが強くて、日焼け止めをつけていても家族みんな一日で真っ黒…^_^;。


今回のお弁当のリクエストはサンドイッチだったので、その場で好きなものをはさめるオープンサンドスタイルに。


どれが気に入るかわからなかったので、とりあえず、様々なおかずに “応援隊” を忍ばせる。


としくんは赤組だというので、 “応援隊” は全員赤組(笑)。








チキンの蒸し煮。ガーリック味。







照り焼きハンバーグと、ジャガイモ餅。







タマゴ。







エビの炒め物。







生ハムと生野菜。







焼肉。


あとは、ジャムやパン、飲み物などを用意。


保冷剤代わりにカチカチに凍らせた、6種類のフルーツゼリーと、6人分のおかずをかばんに詰める。


肩にずっしり……。


それにしても、赤組、白組、毎年どちらかの組になるけれど、これまでとしくんのなった組は4勝1引き分け。未だ勝利を味わえず。


今年は赤組。何としてでも勝ちたいと気合が入る。


そしていよいよ、まぶしいほどの青空のもと、運動会が始まる。


4年生の80メートル走からスタートし、校庭は一気に歓声に包まれる。そんな学年ごとの徒競走の合間に様々な趣向を凝らした団体演技。


今年は、例年のかわいいダンスから一変して、昭和の流行曲「東京ラプソディ」をアレンジした音楽に合わせて、2年生がかっこいいダンスを披露したり、


4年生が一輪車、竹馬、フラフープ、棒を使った技を団体演技として披露したりと、手がこんでいる。


そして、午前の部の締めくくりは、5、6年生による騎馬戦。迫力満点。


初めにそれぞれ一騎打ちをしたあと、赤と白の立派な兜を付けた赤組、白組の大将を討ち取るための陣営が築かれ、乱れ打ち。


連日仲間と秘策を練っていたものの、としくんの騎馬はチャンスをものにできず二回戦ともに玉砕。勝利を手にしたのは白組。


それから、お昼ご飯。







としくんは、タマゴ、ジャム、タマゴ、ジャム、そしてデザートでフィニッシュ。他のおかずには手をつけずとも、赤組応援隊は口に運ぶ (^^)。


とにかく兄をライバル視している、よしくんも、ほぼ同じで、タマゴ、ジャム、タマゴ、デザートで満足げ。


大人たちは、としくんの午後に向けた意気込みもおかずにして、満腹満腹。


今度はお腹がずっしり……(笑)。


そして再開された午後の部。


毎年恒例の保護者たちによる綱引きや大玉送りなどを経て、5年生によるソーラン節。昨年のことが懐かしく思い出される。


最後を締めくくるのは、3~6年生から選抜されたメンバーによる紅白リレー。


その前に組み体操。


この6年生による組み体操のプログラム名は「軌跡 ~花は咲く~」。


運動会定番のポップで明るいBGMから一転、しっとりしたバラードと、これまでを振り返るナレーション付きで、毎年多くの人の涙腺を崩壊させる……。


そんな感動の後、運動会を締めくくるのは紅白リレー。


とにかく圧巻、壮観、手に汗握る。


赤組の、白組の、クラスメイトの願いを背負い、各クラスから選抜されたランナーがバトンをつなぐために全力疾走。


アンカーがとしくんだと知ったのは、実はこの時。







オレンジのゼッケンを身につけ、目の前を駆け抜ける、風。


改めて、わが子といえども別の人間、という思いが満ちてくる。


親の小言や期待をいい意味ではねのけて、自分の人生を謳歌して欲しい、一度しかない人生だもの。そんな思いに満たされる。


それにしても、前はわが子ばかり目で追いがちだったけれど、今はあの子にもこの子にも目がいき、最初から最後まで応援の気が抜けなくて忙しい (*^_^*)。


それぞれの走る姿、踊る姿が感慨深い。


としくんにも野球の仲間や監督さんを始め、多くの人から声援が送られる。なんてありがたい。


結局、赤組は僅差で負け、小学生時代の運動会では、一度も勝つことができなかったとしくん。


でも、そんなこともきっと懐かしい思い出の1ページに刻まれる。


私にとっても、今回の最後の運動会は、いろいろ印象的だったシーンがあり、思い起こす度に胸が熱くなる。


……弟が徒競走で一位になった瞬間を、応援団長として目の前で見た兄がガッツポーズしながら飛び跳ねて喜ぶ姿。


……校庭で見かける時は、いつもはにかみ、消極的な態度だった子が、徒競走ではがむしゃらな形相で、目の前を一位で走り抜けた姿。


……昔は溌剌としていたのに、最近は挨拶をしても無表情で気になっていた女の子が、運動会で隣の子に見せていたリラックスした表情。


……下級生のソーラン節の演技を見ながら、自分たちの時はもっと腰の位置が低かったようなあなどと、わいのわいの言っている上級生たち。


みんなそれぞれの運動会。


がんばっていたね。


おつかれさま。





☆「運動会」に関する過去の記事☆


 2011-05-28 「とことん」 →

 2011-05-10 「としくん」 →

 2010-05-22 「いよいよ運動会」 →

 2010-05-14 「もうすぐ運会」 →

 2009-10-10 「最後の運動会」 →

2009-10-09 「『女』だらけの運動会⁉︎」 →

|

« 黄色い旗を振る朝 | トップページ | わが家に来て16年め »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/60147904

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生時代最後の運動会:

« 黄色い旗を振る朝 | トップページ | わが家に来て16年め »