« 劇団四季 こころの劇場 | トップページ | 今年の七夕を巡るいろいろ »

2015年7月 7日 (火)

同じ道


朝から雨がシトシト降っていた土曜日。


10時を過ぎたころから曇り空。


助っ人として来てくださっていたOBコーチの粋な計らいで、ボールを打つ役目を仰せつかり意気揚々のよしくん。


何度かお兄ちゃんの守るマウンドに向けてバットを振る。







文句も言わずにボールを受けてくれた6年生チームのメンバーに感謝。


なかなか思うようにボールが飛ばなかったことが悔しかったのか、お役御免になった後、打席に立つお兄ちゃんの後ろで、密かにバッティング練習を始めたよしくん。







とにかく負けず嫌い。常に兄をライバル視。


そんな姿を見ながら、この前、職場の先輩に言われたことを思い出す。


きょうだいが複数いたら、


例えば、
Aちゃんはピアノが得意、
Bちゃんは空手、
Cちゃんはスイミング、
というように、秀でているもの、好きなことが別々だと、年齢に関係なく、お互いが一目置ける存在になれるからいいよ。


きょうだいで、同じことをさせるのは、結構大変。本人たちは周りから比べられてしまうし、きょうだいでありつつライバルというのは辛いものだよと。


確かに。


でも、としくん、よしくんは野球が好き。


これから苦労するかもしれない……な。


そんな複雑な思いで、二人を、校庭の少年たちを見つめながら、野球チームの見守り当番。


練習が終わって帰り道、自転車のお兄ちゃんを追いかけて走って転んで大泣きのよしくん。


お兄ちゃんのちょっとしたアイディアで、すぐに泣き止み、満面の笑みになったよしくん。


そんな二人を見ていたら、好きな道を共に歩むのも悪くない、急にそんな思いがこみ上げる。


良き理解者、良きライバル。


これからも、私はそんな二人を後ろから見守ろう。







|

« 劇団四季 こころの劇場 | トップページ | 今年の七夕を巡るいろいろ »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/60648666

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ道:

« 劇団四季 こころの劇場 | トップページ | 今年の七夕を巡るいろいろ »