« 6月に読んだ本 | トップページ | ラジコン人生 »

2015年7月22日 (水)

父の口ぐせ、母の口ぐせ











4年前に他界した父が闘病していた病院を久しぶりに母と訪れた今日。







日差しが暑く、病院までのちょっとした木陰がうれしい。







母も父と同じ病気の疑いがあって再検査。今日はその付き添い。







病院に行くまでの間、母といろいろ父の思い出話。







父の口ぐせは、「すばらしい」 。(その時のエピソードはコチラ →







母の口ぐせは、「息子たちの話をよく聞いておやり。聞いてもらえると、それだけで気持ちがすーっとするからね」。







そして、父と同様、母も私に言う。







「すばらしい娘がいるから安心だわ。いつ死んでも…」








私は、父の時と同様、








いやいや全然すばらしくない。何も満足にできない。まだまだ力不足。

必死に “だめな自分” をアピールしたくなる。








でも、母の口ぐせを思い出して、なんとか思いとどまる。








「聞いてもらえると、それだけで気持ちがすーっとするからね」。








私は、母の言葉にふんふん頷きながら、実家の庭の花がすてきだったことや、今日のお昼ご飯は何を食べようかなど、他愛のない話をする。








毎日毎日、そんな積み重ねで人生はできている。







実家のゼラニウムは真夏の日差しもなんのその。今日もあでやか。















|

« 6月に読んだ本 | トップページ | ラジコン人生 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/60850763

この記事へのトラックバック一覧です: 父の口ぐせ、母の口ぐせ:

« 6月に読んだ本 | トップページ | ラジコン人生 »