« 手作りブランコ | トップページ | ウサギの指は、何本? »

2015年8月25日 (火)

この夏 読んだ本 1/2








『イニシエーション・ラブ』
乾くるみ作(文春文庫)



前にラジオで、「読んでみて本当にびっくりした」とパーソナリティの方が言っていたのを聞き、読んでみたいと思いつつ、手付かずだったこの本。


映画化されたこともあり、仕事の出先で立ち寄った本屋でふと購入。


どんなことで驚かされるんだろうと、いろいろ予想しながら一気に読む。


そして、最後のページをめくって、私もすごーくびっくり。面白かったぁ。







『NHK考えるカラス』
川角 博監修(NHK出版)



もしかして、こういうこと? の余韻に浸れる本。いわゆる「結論」や「正解」が書かれておらず、様々な人のいろいろな予想が書かれているのみ。


今までにない実験的な試みを形にした編集者の方に拍手を送りたくなる。


自分自身で確かめてみたくなったり、ずっと考え続けることができたりするから、そういうことが好きな人にはとても刺激的で面白いと思う。








この表紙にかぶさっていたのは、こちらの表紙。






『幕が上がる』
平田オリザ作(講談社文庫)



どうしても、ももクロの皆さんの顔が思い浮かんでしまうのだけれど、登場人物の心の機微が鮮やかに、爽やかに描かれていて、とても良い読後感。


自分にとっては未経験の出来事が書かれているのに、一つひとつ納得しながら読めるというか。


思わず、職場でお世話になっている本好きの印刷会社の人にも、この本オススメですと、一方的に貸し出してしまったほど。







『似ていることば』
おかべたかし文、やまでたかし写真(東京書籍)



まず、作者と撮影者の名前から似ていて笑ってしまう。


そして、ページをめくると、そこには様々な似ている言葉と、その違いを表す絶妙な写真、そして軽妙な説明が。


特に印象的だったのは、「こぼれる」と「あふれる」のページ。


容量が一杯になった末に外に出るのが「あふれる」。


涙は、「こぼれる」とも、「あふれる」とも言うけれど、感情が高ぶり、思いに満ちた末の涙は、「あふれる」なのだ。


そんな解説に、何だかいろんな感情がこみあげてしまった。







『家族スクランブル』
田丸雅智作(小学館)



どことなく、「世にも奇妙な物語」の世界観と重なる読後感。スッと読め、ウッとなる(笑)。確かに「新世代ショートショート」。


特に最初と次のストーリ、「隣のランタン」と「干しガキ」は、よくあるシーンが描かれた後の意外な結末に「うっ・・・・・・」。






『体育館の日曜日』
村上しいこ作(講談社)



登場人物(?)が、体育用具とそうじ用具。関西弁のやりとりも微笑ましく、子どもが喜びそうな内容。でも書かれていることは意外と深く、大人でも「なるほどねー」と思うかも。


この本、じつは近所の小学3年生の女の子が、「いま好きな本はこれ!」と、たまたま道端で会ったときに、わざわざ家から持って来てくれて貸してくれたもの。


いい本と出会えたことと、わざわざ紹介してたその気持ちがうれしい(^^)。







『ニューヨークで考え中』
近藤聡乃作(亜紀書房)



今年、6月3日のNHKラジオ第一「すっぴん!」で、ニューヨークから帰国していた作者の近藤聡乃さんのインタビューとこの本のことが紹介されていて、読みたいと思っていた本。

ふだん日本にいては気付かないようなことに、この本を通して気付かされる。たとえば、「あのかわいい平仮名なんだっけ?」と聞いてきた、作者のニューヨークの恋人。そのひらがなは、「ふ」。


「鳥が飛んでいるようでキュート」なんだそう。



なるほど、面白い! そして、ニューヨークには、ホタルがいることも、この本で知った。



ちなみに、作者の描くマンガは、以下のURLでも読めるそう。


http://akinokondoh.com/webcomics/
※ 2015年8月20日(木)更新の第80話からは、亜紀書房のWebマガジン「あき地」に連載の場が移動。






『宇宙兄弟』
小山 宙哉作(講談社)



そしてそして、第1巻から長男と楽しく読み、発売を心待ちしていた『宇宙兄弟』の最新刊とその前の巻。




ロマンと創意工夫と優しさがいつも味わえて、大好きな漫画。


最新刊が出たと知り、急いて買ったら、実はその前の巻を買っていなかったことに気づき、慌てて前の巻を買う。


そして、それを待ちわびていた長男に、「買ったよー」と送ったときの写真 (^ω^)。


今回も期待を裏切らない、というよりも期待以上の内容で、また最新刊が待ち遠しい~。








今回はここらへんで。


この夏読んだ本の続きは、またこんど。

|

« 手作りブランコ | トップページ | ウサギの指は、何本? »

絵本・本」カテゴリの記事

コメント

紹介

日本語の起源 言霊百神

投稿: ino | 2015年8月25日 (火) 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/61316077

この記事へのトラックバック一覧です: この夏 読んだ本 1/2:

« 手作りブランコ | トップページ | ウサギの指は、何本? »