« ウサギの指は、何本? | トップページ | くまモンのおにぎりセット »

2015年9月30日 (水)

この夏 読んだ本 2/2

O0480062313420793337_2



『生存者ゼロ』 安生 正 (作) 宝島社文庫

こちらは娯楽で読んだ本。ぞわっとくるインパクトが味わえた一冊。



O0480059713420793243_2



『トンネルの森 1945』 角野 栄子 (作) 角川書店

作者の実体験がベースなのか、とてもリアルに当時の雰囲気と人々の心情の機微が味わえる一冊。

戦争の悲惨さより、その時代をたくましく明るく必死に生きた少女にスポットライトが当たり、少女から今の私たちが元気をもらい、理屈と感情の両面から同じ過去を繰り返したくないと思えた本。



O0480064213420793275_2



『説得は「言い換え」が9割』 向谷 匠史 (著) 光文社新書

出てくる例えがヤクザや大人の恋愛関連で、大人の読み物としてはウィットに富んだ面白さ。でも、ちょっと子どもたちにはまだ読ませられないなあ ^_^;。

「◯◯しなさい!」と指示を出すのではなく、「◯◯できるかな?」と質問の形にした方が、やる気を引き出す。

これは、早速息子たちに使ってみて、その説を実証済み(^^)。



O0480046813420793301_2



『もしも宇宙でくらしたら』 山本 省三 (著)、村川 恭介 (監修) WAVE出版

科学的なことが絵本の形でわかりやすく理解できる本。

宇宙が身近に感じられ、「来月は家族でちょっと宇宙旅行」、そんなことが実現しそうにも思えた一冊。



O0480058813420793322_2



『災害を生き抜く』 広瀬 敏通 (著) みくに出版

まさに帯にあるような、災害支援の現場から生まれた具体的な情報と助言が詰まっている本。

いざという時の大切なことや優先順位が自分の中で整理できる。



O0480064013430850483_2



『荒木飛呂彦の漫画術』 荒木 飛呂彦 (著) 集英社新書

これぞタイトル通りの内容の本。

私はまだ読んだことのない漫画がたくさん登場。

「一般的な漫画術」というのがわからないけれど、この荒木飛呂彦さんがどうやって作品を描いているのかはよくわかった。




※※※




そして、気づけば、今日で9月も終わり。

締め切りに追われながら、今年はあっという間に終わりそう……^_^;。

|

« ウサギの指は、何本? | トップページ | くまモンのおにぎりセット »

絵本・本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/61842195

この記事へのトラックバック一覧です: この夏 読んだ本 2/2 :

« ウサギの指は、何本? | トップページ | くまモンのおにぎりセット »