« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の8件の記事

2015年10月21日 (水)

寝かしつけ


いつもより早めに保育園にお迎えに行けた今日。



結局のんびりしちゃって、早く寝かそうと思っていたのに、いつもと同じくらいの時間に布団に入る。



さて、もう寝かしつけないと、と思ったら…… 、















そのよしくんが寝かしつけ中 (^^)。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

笑顔しか思い浮かばない



昨日、ずっと共に仕事をしてきて闘病中だった仲間の訃報が飛び込む。



優しい眼差しの、とても穏やかなMさん。算数の先生。



台所には、算数に興味を持つきっかけになることがたくさんある。



たとえばお味噌汁を作るとき、お豆腐をいろんな角度で切って、子どもたちにその断面図を見せてあげるのもいいよねと柔らかい笑みを浮かべて語っていた姿がよみがえる。



そんなMさんの柔和な顔が思い浮かぶと、同じような雰囲気をまとっていた父、同僚だったTさん、Wさんのことも次々に思い出される。



笑顔しか思い浮かばない温かい人たち。



みんな遠いところに旅立ってしまった。



Mさん、長い闘病生活、本当にお疲れさまでした。



心からご冥福をお祈りいたします。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

いーもーむーしー、その後


日曜日の今日、


午後からは用事があったので、


午前中は部屋の掃除。


のつもりでいたのに、


よしくんにせがまれ、


30分だけね、と近くの草むらで虫取り。


半そで、半ズボン、虫取り網、虫取りかご。


真夏のような格好で、草むらを駆け回る。









お母さんも、取って〜!!!



の一言で、思わず火がつき、トンボやチョウを何匹がつかまえてみせる。



そして、気づけば一時間。



虫かごは満員御礼 ^_^;。









モンキチョウ、シジミチョウ、トンボ、バッタ、キリギリス、カマキリ……



みんなに見せる〜!と言うので、



虫さんたちを連れ帰り、いもむしさんたちが、地中で眠る水槽の中で、しばし観察。









ふたは開けていたので、三々五々、自然と自分たちの世界に帰る虫さんたち。



おつかれさま。









そのタイミングで、すっかり姿を消していたいもむしさんたちとも、



しばしのお別れをすることに。









丸まって、まだサナギにはなっていなかったいもむしさんたちが、久しぶりに土の中から姿を現す。



土の中に寝かせたあと、またそっと土の布団をかける。



春までゆっくり眠ってね。



池のカメさんたちも食欲が落ち、緩慢な動作。



徐々に生き物たちは冬支度。








「いーもーむーしー」の記事はコチラ →


「いーもーむーしー、消える!!??」の記事はコチラ →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

いーもーむーしー、消える!!??


保育園の先生に相談して、




前回書いた悩み(→ )を解消すべく、雨の日曜日、保育園の芋畑で葉っぱ摘み。













葉っぱでぎゅうぎゅうになった水槽……^_^; 。













入れすぎのような気もしたけれど、いもむしさんたちは食欲全開。
















でも、葉っぱを入れるたびにピョンピョン逃げるいもむしの同居人、バッタさんたちは、ちょっとお世話を仕切れず、バイバイすることに。














帽子の上に乗せて、別れを惜しむよしくん。バッタは、ようやく解放されてやれやれと思っているにちがいないけれど(笑)。






そんな週末を終え、火曜日はまた食べ尽くされて空になった水槽にお芋の葉っぱを補充。




ところが、四匹いたはずのいもむしさんが、一匹いない。







逃げ……た!?




きゃあ~!!!




でも、





会社の同僚から、この時期のいもむしさんたちは、土にもぐってサナギの姿で越冬すると聞き、姿が見えなくなったのは土の中に入ったからなのか……と一安心。





ところが!





胸をなでおろしていたさなかに、下校したとしくんから、珍しくLINEが届く。














トイレに行こうとしたら、いたのだとか。











思い切り拒否(^_^;)。













なんとか励まして、いもむしさんを水槽に戻してもらおうとしたら、まさかの展開。













そして、保育園によしくんをお迎えした後、恐る恐る玄関の戸を開けると、





目の前にいもむし。





ふ、踏まなくて良かった~(^_^;)。





ようやく、いもむしさんに再会し、全員集合~!





と思ったら、またもや足りない!!!





でもよく見ると、頭隠してしり隠さず状態のいもむしさんを土のところで発見。





いもむしさんたちに翻弄されっぱなしの一週間(^◇^;)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

いーもーむーしー







昨日の土曜日、




仕事を終えて保育園にお迎えに行くと、「今日は、お土産がありまーす!」と、3つの怪しいビニール袋を手にしていたよしくん。




その隣で、先生は憂い顔 ^_^;。




中には、ご立派な、いーもーむーしー。




しかも、複数……。




保育園で育てているサツマイモの畑で見つけたのだそう。




飼いたい、飼いたい、と懇願され、まあ、短期間、様子を見る程度ならと、帰宅してから水槽をセッティング。











あ、バッタさんもいらっしゃったのですね……。











家族でしげしげながめて、いろんな思いを胸に就寝。





そして、翌朝の今朝。





やはり!












ほぼ葉っぱは、いもむしさんたちのお腹の中。




ご飯を求めるいもむしさんたちの姿と、バッタさんの姿が露わになった水槽の中。




さっそく、アゲハの幼虫が好む柑橘系の葉っぱと、バッタさん用の葉っぱを庭からとってくる。




ところが!











食べない。





もしかして、もしかすると……!!!





やはり。





てっきり、アゲハの幼虫だと勘違いしていたけれど、


このいもむしさんたちは、芋虫の名前の通り、芋類の葉っぱを食べるスズメガ科の幼虫だった……。





大量に芋類の葉っぱを食べるいもむしさんたち。





芋類の葉っぱしか食べないところが悩ましい。





さて、





どうしたものか…… (-_-)。








「ツマグロヒョウモン」の幼虫の時は、どぎつい幼虫の姿に驚いたものの、変身後の姿が楽しみだったけれど。(その時の記事はコチラ → 






久しぶりの週末の休みに、こんなに悩ましい思いをするなんて。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

受け取り方







先月の雨上がりの朝、出勤途中で見かけたカタツムリ。


うちの庭で見かけるカタツムリちゃんに比べると、このカタツムリは、まだ小さくて可愛いな、生まれて何年目かな……


と、しげしげ見ていたら、


通りかかった知人が、何かいるんですか?と肩越しにのぞいて、


わ!ずいぶん大きなカタツムリ!!!


とのけぞる。


同じものを見ていても、自分と他の人の受け取り方は様々。


きのう、


ママ友のSさんが、私のことをすごいと言っていたと知り驚く。


その理由は、突然走り出した子どもたちに向かって、私が「ダメー!」と言わず、「気をつけてー!」と、どうすればいいのか伝えていたからなのだとか。


たまたま目にしたそんなシーンですごいといってくれるだなんて \(//∇//)\。


ふだんは、ああ、今日もダメな母だったと落ち込むことが多いけれど、あ、そんなことでいいの?と、気持ちがほっこり。



自覚なくやっていたことも、こう受け取ったよ、と言ってもらえたことで、改めて意識できる。


そして、夜は、同級生に蹴られたと、太ももに貼られた大きな湿布を見せてきたとしくん。


悪気なく言った一言で相手がキレて蹴られたのだとか……。


大変な目に遭ったね、痛かったね、と声をかけつつ、


蹴った相手は、よほど言われて嫌な言葉だったのか、言われて傷つき怒りが込み上げたんだろうね、と言うと、


よくわかんない、とボヤきながら神妙な顔のとしくん。


受け取り方は本当にいろいろ。


命の危険にさらされない範囲で、いろんなことを経験しながら人との距離感や人付き合いを学んでいってほしい。


私もまだ学習中 (^^)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

ピアノの教え方


なかなかドレミの鍵盤の位置が覚えられないよしくん。


ひらがなも読めない生徒に、ピアノの先生はどんな風に教えるのかなと思っていたら、


まずは、どんぐりのド、レモンのレ、みかんのミというように、絵と対応させる。


それから、色の付いた付箋紙を鍵盤や譜面に貼って、色と位置を対応させる。









自宅でも付箋紙を鍵盤に貼って同じようにやってみる。


そろそろ鍵盤の位置を覚えたかな?
と思っても、レッスンに行って自分でドレミの位置にその音を表す付箋紙を貼ることはまだできず。


よしくんも、自分はまだわからないという自覚と、できないことに引け目を感じるのか、先生の説明がポイントに差し掛かると、変な質問をして話題を逸らしたり、他のことに興味を示してその場から逃げ出したり。


付き添いで行く親の立場からすると、そんなよしくんの様子に、ハラハラ、イライラ ^_^; 。


でもある日、「ピアノの中ってどうなってるの?」というよしくんの質問に、実際にピアノの中の様子を見せてくれたことで応えてくれた先生。







目がキラキラのよしくん。ここはどうして?あそこはなんで?とさらに質問責め。


一つひとつ丁寧に応えてもらい、満足したのか、それからは少しだけ真面目にレッスンを受ける。





こんな風に紡がれていく先生との信頼関係。





甘やかすのとは違うと感じるのはなぜだろう。


きっと自分が好きなピアノのことを生徒にもっと教えたい、伝えたいという先生の思いが生徒に伝わるからかもしれない。


ピアノを教わりながら、先生の様々なアプローチによって耕されていく生徒の心の畑、そして、撒かれる種。


種まきされても、いつ芽が出るのかどうかはわからない。もしかしたら、出ないかもしれない。


でも、耕され、様々な種が埋まっていると思うと、なんだかそれだけでワクワクする。







よしくんも、としくんも、いい先生に出会えたね。


ちなみに家では、付箋の貼られた鍵盤に、「指がすべってうまく弾けないし、ジャマ!!!」だと苛立っていたとしくん。







よしくんには促進剤となることも、としくんにとっては阻害要因。


「ちょっとの間、辛抱してね」となだめていたけど、レッスンでの先生の対応を見ていたら、指の当たらない黒鍵の横に付箋をスライドさせたり、その都度付箋を貼ったりすればいいだけのことに今更気づく……。


そんな単純なことに気づかないなんて。


見方が凝り固まってしまいがちな親の心も耕される日々 (^^)。






そんなピアノの先生、尾澤瑞樹先生についての過去の記事はコチラ →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

くまモンのおにぎりセット


誕生日に友人がプレゼントしてくれた、「くまモンのおにぎりセット」!







なんとタイムリーなことに、その翌日はよしくんの保育園の遠足。


そして、よしくんのお弁当のリクエストは、おにぎり (^^)。


ということで、早速翌日は早起きして、くまモンのおにぎり作りにチャレンジ!







海苔やチーズの下に敷くマットまでセットされていて親切。









何か足りないな……とは思っていたけれど、カニかまを買い忘れていたことに気づく。


人参もソーセージも冷蔵庫にはなく、しばらく悩んで、あっ!プチトマトは?
と思いついて試してみる。







かえって鮮やかで、チーズにも合いそうで、いい感じ。


大きすぎだと感じた海苔も、ご飯をくるむのにほどよい大きさだったとわかりホッ。


さて、おにぎり一つだと足りないので、もう一つ。


ちょっと「くまモン」をアレンジして「リラックマ」にしてみようと思いつき、まずはかつお節で茶色のクマに。


……でも、結局、「リラックマ」とは似てもにつかない容貌のクマちゃんが完成~(笑)。







よしくんが中身はお楽しみにしたいというので、そのままふたをして、他のおかずと合わせてリュックの中へ。







よしくんはニコニコ遠足に出発。


私は、よしくんがふたを開けたときの顔を想像しながら会社に出勤。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »