« くまモンのおにぎりセット | トップページ | 受け取り方 »

2015年10月 6日 (火)

ピアノの教え方


なかなかドレミの鍵盤の位置が覚えられないよしくん。


ひらがなも読めない生徒に、ピアノの先生はどんな風に教えるのかなと思っていたら、


まずは、どんぐりのド、レモンのレ、みかんのミというように、絵と対応させる。


それから、色の付いた付箋紙を鍵盤や譜面に貼って、色と位置を対応させる。









自宅でも付箋紙を鍵盤に貼って同じようにやってみる。


そろそろ鍵盤の位置を覚えたかな?
と思っても、レッスンに行って自分でドレミの位置にその音を表す付箋紙を貼ることはまだできず。


よしくんも、自分はまだわからないという自覚と、できないことに引け目を感じるのか、先生の説明がポイントに差し掛かると、変な質問をして話題を逸らしたり、他のことに興味を示してその場から逃げ出したり。


付き添いで行く親の立場からすると、そんなよしくんの様子に、ハラハラ、イライラ ^_^; 。


でもある日、「ピアノの中ってどうなってるの?」というよしくんの質問に、実際にピアノの中の様子を見せてくれたことで応えてくれた先生。







目がキラキラのよしくん。ここはどうして?あそこはなんで?とさらに質問責め。


一つひとつ丁寧に応えてもらい、満足したのか、それからは少しだけ真面目にレッスンを受ける。





こんな風に紡がれていく先生との信頼関係。





甘やかすのとは違うと感じるのはなぜだろう。


きっと自分が好きなピアノのことを生徒にもっと教えたい、伝えたいという先生の思いが生徒に伝わるからかもしれない。


ピアノを教わりながら、先生の様々なアプローチによって耕されていく生徒の心の畑、そして、撒かれる種。


種まきされても、いつ芽が出るのかどうかはわからない。もしかしたら、出ないかもしれない。


でも、耕され、様々な種が埋まっていると思うと、なんだかそれだけでワクワクする。







よしくんも、としくんも、いい先生に出会えたね。


ちなみに家では、付箋の貼られた鍵盤に、「指がすべってうまく弾けないし、ジャマ!!!」だと苛立っていたとしくん。







よしくんには促進剤となることも、としくんにとっては阻害要因。


「ちょっとの間、辛抱してね」となだめていたけど、レッスンでの先生の対応を見ていたら、指の当たらない黒鍵の横に付箋をスライドさせたり、その都度付箋を貼ったりすればいいだけのことに今更気づく……。


そんな単純なことに気づかないなんて。


見方が凝り固まってしまいがちな親の心も耕される日々 (^^)。






そんなピアノの先生、尾澤瑞樹先生についての過去の記事はコチラ →

|

« くまモンのおにぎりセット | トップページ | 受け取り方 »

教育・学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/61928261

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの教え方:

« くまモンのおにぎりセット | トップページ | 受け取り方 »