« この秋読んで、オススメの本 その2 | トップページ | 最後の日 »

2015年12月22日 (火)

この秋読んで、オススメの本 その3





◆『アラスカ物語』新田 次郎(新潮文庫)

最初の圧倒的なオローラの描写から引き込まれ、起伏に富んだストーリーが幕を下ろした後もしばらく余韻にも浸れる重厚な物語。



様々な場面が強烈な印象を残すストーリーと同じく、大変興味をそそられたのは、実在した主人公「フランク安田」の生き様や人柄、そしてその主人公を見事に描ききった作者、新田次郎その人。



昭和49年に刊行されたにも関わらず、今でも新鮮に読め、胸が打たれる。



こんなに面白いとは思わなかったという想定外の感慨に浸れた一冊。








◆『鹿王』上橋 菜穂子(角川書店)

上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」シリーズや『獣の奏者』に続く最新刊。



これまでの作品が本当に素晴らしかったから、書店にこの『鹿王』が並ぶと、いやがうえにも期待が高まる一方で、その期待が裏切られたくないという思いもあって、しばらく手に取らず。



読みたいけど読みたくないという変なジレンマを抱えて悶えていた矢先、お互いのオススメ本の貸し借りをする仲(こういう仲を「本友(ほんとも)」と呼ぶらしいけれど)の印刷業者Aさんが、「すごく良かったですよー!!!」と持って来てくれる。



やれありがたし。しかし、Aさんが、「読むなら一気読みできる時がいいですよ」というので、まとまった時間が取れるまでジリジリしながらしばしお預け。



で、ついに遠出する機会に電車の中で読み始め……、寝る時間も惜しんで二日で読破。



物語なのに、人の業、政(まつりごと)、医術、人生についての良質な専門書を読んだような不思議な読後感。



はあ、やはり素晴らしかった……。



そして、Aさんには前述の『アラスカ物語』を貸し出し中(^^)。










◆『キャロリング』有川 浩(幻冬舎)

これほど、詳しくあらすじを書きたくない、人に言いたくないと思えたことはない一冊。



読書の醍醐味を味わえたというか、本を読むって、こういうことがあるから止められないとつくづく思えた本。



この本も友人が読んでみて、と貸してくれた本で、そういう出会いをもたらしてくれる友人にも心から感謝。



オススメです(^^)。














|

« この秋読んで、オススメの本 その2 | トップページ | 最後の日 »

絵本・本」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿: 本が好き!運営担当 | 2017年3月18日 (土) 12:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/63088600

この記事へのトラックバック一覧です: この秋読んで、オススメの本 その3:

« この秋読んで、オススメの本 その2 | トップページ | 最後の日 »