« えのすいは、1月26日(火)から28日(木)まで休館です | トップページ | 『知の翼』1月号 »

2016年1月29日 (金)

18歳選挙権「賛成する理由、何一つない」

これは、1月19日の朝日新聞に載っていた記事のタイトル。
(当該記事はコチラ→


選挙権年齢が引き下げられることについては、これまで特に悪い印象は持っていなかったので、このタイトルを見た時は興味をそそられた。


そして、ちょうどこの記事が掲載された1月19日、としくんは、「国会議事堂」に社会科見学へ。







お弁当のおかずにリクエストされたのは、「エビフライ」。小学校時代最後のお弁当作りだなあと思いながら、ちょっぴりデコる(笑)。


「国会」の文字はむずかしかったので、半分に折った海苔を切れば出来上がる「日本」と、これまたチーズとトマトで簡単にできる「日の丸」、そして「エビフライ」に目と口を付けて完成~。


「国会議事堂」と言えば、まさに「選挙」によって国民から選ばれた人たちが政治を執り行うところ。


その選挙権年齢が18歳に引き下げられることに反対しているのが、先の記事でインタビューを受けていた、精神科医の斎藤環さん。


その主張は明解だ。


◆18歳選挙権は、成人年齢の引き下げへとつながりかねない。

◆日本は伝統的に若者対策が遅れていて、専門の省庁がないほぼ唯一の国。

◆(現在、子どもの虐待件数は増加していることもあり、)親子だからといって、無条件に子どもを可愛がるわけではない、という現実が露呈している。

◆(体制や支援制度が整っていない中での成人年齢の引き下げは)大人なんだから自活せよ、出ていけ、という暴力的とも言えるプレッシャーを高めるだけ。

◆(弱者としての)若者を救うのに成人年齢の引き下げは有害でしかない。




これまで弱い立場で苦しんでいる多くの若者たちを診てきた精神科医の立場からの意見は重みがあり、含蓄に富む。


人を早く大人扱いすることで生まれる自立心や責任感。一方で、押し付けやすくなる義務感や自己責任論。


今年の夏の参議院選挙から適用される18歳選挙権。そのとき、何が起こるのか、今から気になる。




その日、社会科見学から帰ってきたとしくんに、「今日、一番印象に残ったのはどんなこと?」と聞いてみると、


「あのねえ、国会議事堂の中に敷かれている赤い絨毯は、全部で長さが約5キロメートルもあるんだって!」と教えてくれた。


「赤い絨毯」と聞くと、ついアカデミー賞の「レッドカーペット」が思い浮かんでしまう。


その先に栄光が待っている華やかなレッドカーペットとはいかないまでも、国会議事堂の赤い絨毯も人々の笑顔につながるものであってほしい……


と思いつつ、「そんなに長いの!」と目を丸くする。


















|

« えのすいは、1月26日(火)から28日(木)まで休館です | トップページ | 『知の翼』1月号 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/63688411

この記事へのトラックバック一覧です: 18歳選挙権「賛成する理由、何一つない」:

« えのすいは、1月26日(火)から28日(木)まで休館です | トップページ | 『知の翼』1月号 »