« 『知の翼』1月号 | トップページ | 春 〜雙葉中の巻〜 »

2016年2月 1日 (月)

息子の背中







いつ頃からだろう、長男の背中を見ることが多くなったのは。


前は横に並んで私と手をつないで歩いていたのに、今は時々振り返りながら、私の先を常に歩く。


今日はとしくんの第一志望校の受験初日。


勉強も野球も、親はマウンドに立てない。ひたすら声援を送るだけ。やるかやらないかは本人次第。


私の役目は、家でホッと一息ついてもらうこと。ということで、毎晩重宝していたのが、こちらのアロマオイル。







わざわざ友人が調合してくれたオリジナルアロマオイル。


寝る前に、両手にたっぷりつけて、お風呂上りのホカホカしている息子の背中をマッサージ。専門的な知識や技術はないので、傍目にはきっと「雑巾がけ」みたいなマッサージ ^_^;。


時々飛び出す愚痴や本音をふむふむ聞いては、はは~ん、とか、ふ~んとか相槌を打ちながらのマッサージ(ここで安易に解決策を示したり、助言したりしないのがミソ)。


泣いても怒っても笑っても、背中をマッサージ中の私には、その顔を見られなくてすむからか、様々なシーンの「思い出し悔し泣き」や、「思い出し怒り」、「思い出し感動」とかもひょっこり顔を出す。


日々、いろいろなことがあって、いろいろがんばっているんだなあと、マッサージ中の私の脳内に流れるのは『聖母たちのララバイ』のメロディ(笑)。


「普通が一番。受験だからといって、特別なことはしないで!」と念を押されていたけれど、受験前の夕食は、さりげなくカツ丼と豚汁に。







自分にカツを入れて、トコトンがんばれ!


そんなメッセージをひっそり込めて。






|

« 『知の翼』1月号 | トップページ | 春 〜雙葉中の巻〜 »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/63742255

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の背中:

« 『知の翼』1月号 | トップページ | 春 〜雙葉中の巻〜 »