« 手作り本棚 〜ついに完成編〜 | トップページ | 『知の翼』最後の提出課題 »

2016年2月28日 (日)

有り難し 〜早実の巻〜


今年の早稲田実業の国語の中学入試問題に出された文章の余韻にしばらくひたる。


そこに描かれていたのは、ベランダから飛び降り、自ら命を絶とうとした少年と、それを止めた「あの人」とのやり取り。






「お前は……アメーバみたいだったんだ。わかりやすく言えば」(略)


「……そして、人間になった。何々時代、何々時代、を経て、今のお前に繋がったんだ。


お前とその最初のアメーバは、一本の長い長い線で繋がっているんだ」(略)


「これは凄まじい奇跡だ。アメーバとお前を繋ぐ何億年の線、その間には、無数の生き物と人間がいる。どこかでその線が途切れていたら、何かでその連続が切れていたら、今のお前はいない。


いいか、よく聞け」(略)


「現在というのは、どんな過去にも勝る。そのアメーバとお前を繋ぐ無数の生き物の連続は、その何億年の線という、途方もない奇跡の連続は、いいか? 


全て、今のお前のためだけにあった、と考えていい」



※『何もかも憂鬱な夜に』中村文則作(集英社)

 









しびれる。


存在そのものを認める見事なたとえ話が胸にしみる。


自分の存在そのものが「有り難し」ものだということ、それはこの文章を読んだ受験生に、学校からのエールとしても届いたのではないか。


小説の中のこの少年は、これからどんな人生を歩むのだろうかと気になり、出典の『何もかも憂鬱な夜に』を図書館で借りて読んでみる。


小学生に読ませるにはまだ早い内容ではあったけれど、死刑制度や社会の在り方について考えさせる内容で、これまたしばし余韻にひたる。





ちなみに、この本の作者、中村文則さんの小説『教団X』は、現在、2016の本屋大賞の上位10作品にノミネートされている。
大賞が決まるのは、4月上旬。






ところで、この前、母に頼まれ、久しぶりに雛人形を実家に飾る。







母の母の母の代から受け継がれている雛人形は、台座の上に御簾もある。







凛とした佇まいのお内裏様。







顔を隠すも仕草も奥ゆかしいお雛様。






雛人形だけでなく、母の母の母のそのまた母というように連綿と私という存在まで一本の糸が結ばれている。







本当に、この世は有り難しかな。




|

« 手作り本棚 〜ついに完成編〜 | トップページ | 『知の翼』最後の提出課題 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/64314350

この記事へのトラックバック一覧です: 有り難し 〜早実の巻〜:

« 手作り本棚 〜ついに完成編〜 | トップページ | 『知の翼』最後の提出課題 »