« 『知の翼』最後の提出課題 | トップページ | 二つ目の「卒業」 »

2016年3月11日 (金)

苦しいときは





先週は次男がノロウイルス。


今週は長男がインフルエンザ。


てんてこ舞いしている合間に、いつの間にか顔をのぞかせていたムスカリに気づく。
なんだか嬉しくてほっこり。


まだまだ寒くて震えてしまうけれど、春の準備はととのってきているみたい。


としくんの高熱は続いていても、身体の中では回復へ向けた準備がきっと進んでいる。


昨日、夕食の後にとしくん、よしくんと観たのは『アナと雪の女王』のDVD。


シビアな場面で救ってくれるのはオラフのユーモアと明るさ。


そう、苦しいときこそ笑顔とユーモア。


そして、何が問題なのかを悩んだり、あの時はこうすれば良かったと嘆いたりする一方ではなく、いま何ができるか、何がしたいのかを考える。建設的なものの見方。


そんなことまでオラフに教わったような気がして勇気づけられる。


そして、5年前の今日は東日本大震災。


多くの方のご冥福を改めて祈りつつ、改めて自分にできることを考える。







|

« 『知の翼』最後の提出課題 | トップページ | 二つ目の「卒業」 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/64396477

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しいときは:

« 『知の翼』最後の提出課題 | トップページ | 二つ目の「卒業」 »