« 童話館ぶっくくらぶ | トップページ | 2日目は、動物のお世話から »

2016年5月 9日 (月)

7年ぶりの田植え、テント泊






週末、5歳のよしくんと初めて参加したのは、


ホールアース自然学校の「里山のようちえん」。


としくんが5歳のときに参加したので、よしくんには初めてでも私にとっては7年ぶり。


富士山の裾野に広がる、のどかな風景。当時と変わらぬ光景に出迎えられ、泊まるテントに荷物を入れたら、早速田んぼにGO!


およそ30名の参加者が一列に並んで稲を少しずつ植えていく。足元にはたくさんのかわいいアマガエル。しばらくすると、小さな人たちもアマガエルたちの仲間入り(笑)。


田植えの後は、となりのまだ何も植えられていない田んぼで泥リンピック開催!


つなひき、ボール遊び、鬼ごっこ……


大人の全力で遊ぶ姿はなんだかとってもステキ!!! 子どもも大人もエキサイティング!





そして、だれもが笑顔と泥まみれ。
よしくんもご覧の通り(^^)。





楽しかった余韻にひたりながら身体の泥を流して、子どもたちはドラム缶風呂でさっぱり。


そんなこんなで、あっという間に初日は終了。





明日の予定は、動物たちのお世話とお茶摘み体験。カエルの大合唱をBGMに満ち足りた気持ちであっという間に夢の中……




【7年前の記事はコチラ】

「脱穀(昔ながら編)」→

「朝のお勤め」→

「脱穀(原始的編)」→

「締めは新米にぎり」→


※ 現在は、「里山のようちえん」という名称ですが、当時は、【森と田んぼのようちえん】と【森と畑のようちえん】がありました。






|

« 童話館ぶっくくらぶ | トップページ | 2日目は、動物のお世話から »

お出かけ」カテゴリの記事

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/65406691

この記事へのトラックバック一覧です: 7年ぶりの田植え、テント泊:

« 童話館ぶっくくらぶ | トップページ | 2日目は、動物のお世話から »