« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の2件の記事

2016年5月10日 (火)

2日目は、動物のお世話から


ホールアース自然学校の「里山のようちえん」。

2日目の朝は、こんなに大きくて新鮮な朝採れレタスを運ぶお手伝いからスタート。





なんて瑞々しくて美味しそう!


それから、お腹を空かせてピーピー大合唱中のあいがもさん♫のところへ。





水を入れ替え、容器を洗ったり、餌をあげたり。





もう少し大きくなったら、田んぼの稲を守るために活躍することになるあいがもさん。大事な相棒。


次は、犬&うさぎチームと、ヤギ&にわとりチームに分かれて、動物のお世話に。


よしくんがまず向かったのはヤギのもと。





手づくり階段を降りていく後ろ姿が、7年前のとしくんと重なる。懐かしいなあ。





7年前、ものすごいオーラを放っていたヤギのボス、キンタはすでにこの世を去っていて、7年前も今のこの時間も二度と来ないかけがえのない日々であることを痛感する。


次は、にわとりさん。





にわとりの餌は、あたりに生えている雑草を根っこごと抜いたもの。


人間も時には野菜が食べたくなることがあるでしょう、にわとりも同じなんだよ、とスタッフさんの言葉。そして、その言葉通り、コッココッコ鳴きながら、勢いよく草に集まるにわとりたち。





そんなにわとりさんたちが産んでくれていた、まだほんのり温かい卵も回収。


動物のお腹が満ちるころ、お腹がペコペコになる人間たち(笑)。


タイミングよく「待ってました!」の朝ごはん。


メニューは、
・ごはん
・玉ねぎの味噌汁
・キャベツとジャガイモの味噌バター煮込み
・にんじんとジャコの炒めもの
・小松菜のおひたし
・みかん





全てホールアース自然学校で育てられたものでできている朝ごはんは、まさに自然の恵みそのもの。ほっぺが落ちる美味しさ。


有り難しの気持ちで一粒残さずきれいにいただく。


心もお腹も満ちたあとは、いよいよ最後のイベント。お茶摘み、お茶作り。



【つづく】




前回の記事「7年ぶりの田植え、テント泊」はコチラ →





【7年前の記事はコチラ】

「脱穀(昔ながら編)」→

「朝のお勤め」→

「脱穀(原始的編)」→

「締めは新米にぎり」→


※ 現在の名称は「里山のようちえん」ですが、当時は、【森と田んぼのようちえん】と【森と畑のようちえん】がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

7年ぶりの田植え、テント泊






週末、5歳のよしくんと初めて参加したのは、


ホールアース自然学校の「里山のようちえん」。


としくんが5歳のときに参加したので、よしくんには初めてでも私にとっては7年ぶり。


富士山の裾野に広がる、のどかな風景。当時と変わらぬ光景に出迎えられ、泊まるテントに荷物を入れたら、早速田んぼにGO!


およそ30名の参加者が一列に並んで稲を少しずつ植えていく。足元にはたくさんのかわいいアマガエル。しばらくすると、小さな人たちもアマガエルたちの仲間入り(笑)。


田植えの後は、となりのまだ何も植えられていない田んぼで泥リンピック開催!


つなひき、ボール遊び、鬼ごっこ……


大人の全力で遊ぶ姿はなんだかとってもステキ!!! 子どもも大人もエキサイティング!





そして、だれもが笑顔と泥まみれ。
よしくんもご覧の通り(^^)。





楽しかった余韻にひたりながら身体の泥を流して、子どもたちはドラム缶風呂でさっぱり。


そんなこんなで、あっという間に初日は終了。





明日の予定は、動物たちのお世話とお茶摘み体験。カエルの大合唱をBGMに満ち足りた気持ちであっという間に夢の中……




【7年前の記事はコチラ】

「脱穀(昔ながら編)」→

「朝のお勤め」→

「脱穀(原始的編)」→

「締めは新米にぎり」→


※ 現在は、「里山のようちえん」という名称ですが、当時は、【森と田んぼのようちえん】と【森と畑のようちえん】がありました。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »