« IB(国際バカロレア)クラス 〜時間割〜 | トップページ | 子どもの権利ノート »

2016年7月13日 (水)

IB(国際バカロレア)クラス 〜Red Cross〜

前回、「IB(国際バカロレア)クラス 〜時間割〜(→ )」の続き。


IB(国際バカロレア)クラスでは、ほぼ全ての教科がネイティヴの先生による英語での授業。


配られるプリントも当然英文。


最初の2カ月は、毎晩のように「これ、なんて書いてあるの?」「これどういう意味?」と仕事から帰るなり長男からプリントやテキストを渡される。


一応「自分で調べてみたら?」「先生やクラスメイトに聞いてみたら?」と言ってみたものの、そんな余裕はまだひとかけらもないことがわかり、新しい環境に慣れるまではサポートしようと腹をくくる。


とはいえ、一体どんなことが書かれているのだろうという興味もあり、中学一年生が目にするような英語なら私にもわかるだろうという気安さもあり、どちらかと言えば楽しい気分で、プリントに目を通す。


ところが!!!


単語はわかっても意味がわからない……!?


と予想外の大苦戦。


今となっては大したことのないように思えることが、2カ月前にはなんであんなに大変に感じたのだろう。


それが、このプリント。







1は、授業中に質問があるときは、きっと指をブイの字にして挙手するのだろうと推測。


2は、解答するときや、作業を終えたときは、Power Fist??


と見慣れない単語。


調べると、Power Fistは、“げんこつ” 。


ということは、たぶんグーにした手を挙げるのだなと想像。


3は、ははぁーん、トイレに行きたいときは、おそらく指をクロスさせて挙手でしょ、と理解。


最後の4は……、え?ナーストリップ? 看護師旅行?


英語の辞典やインターネットで調べても「Nurse Trip」という語句は見つからず。でも、具合が悪くて保健室に行くという意味だろうと類推。それにしても、面白い表現!


で、手の形は……Red Cross ?


ここだけ一単語。


赤い十字。


え、赤い十字??


これって、どんな手の形?


赤いものが要るってこと?


いや待て、赤十字? 十字架?


指をクロスさせるのは、トイレに行きたいときだから……


ウルトラマンのスペシウム光線のように、腕を交差させるポーズをするの!? まさか!?


さっぱりわからず混乱する。


そして、もし授業中に具合が悪くなり、英語が話せず、必要なサインを作れなかったら……


作ったポーズが違っていてみんなに笑われたら……


だんだん長男と私の不安は大きくなり、それまでの楽しい気分は急降下。


明日までに何としてでも“Red Cross” のナゾを解かねばならないという、得体の知れない切迫感に襲われる。


必死にインターネットで “Red Cross” を調べるも何も得られず、時間ばかりが過ぎていき、夕食を食べないまま時計の針は20:30。お腹が空いたと泣き出す次男。


そのとき、追い詰められた私の脳裏に、バイリンガルの友人が思い浮かび、ワラをもすがる思いで電話をかける。


結果は、「よくわからない」で終わったものの、話を聞いてもらえたことが功を奏し、「ま、何とかなるさ」と気持ちが落ち着く。


そんなことがあってからのおよそ1カ月後。


「そういえば、あの “Red Cross” って、何だかわかった?」と長男に聞いてみる。


「ああ、あれね、手持ちのペンを交差させるみたい」


と、あっさり解決


していたことを知る(笑)。



|

« IB(国際バカロレア)クラス 〜時間割〜 | トップページ | 子どもの権利ノート »

息子・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159166/66478255

この記事へのトラックバック一覧です: IB(国際バカロレア)クラス 〜Red Cross〜:

« IB(国際バカロレア)クラス 〜時間割〜 | トップページ | 子どもの権利ノート »