« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年9月の3件の記事

2016年9月21日 (水)

フグの自然治癒力


死の淵から生還し(その時の記事はコチラ→ )、



死んだように眠っていて(その時の記事はコチラ→ )、ヒヤリとさせるなど、何かとお騒がせなうちのミドリフグちゃん。



そんなミドリフグちゃんに、この夏、またまたハラハラする事態が勃発。



それがこの姿。




8月1日






8月1日、水槽を見たら、フグちゃんが頭部を広範囲に負傷しているのを発見。



血のようなものも見え、見るからに痛々しいその姿。



食欲もあまりなくて、このまま弱っていってしまうのではないかと、それからは毎日ハラハラ。



薬を塗るわけにも、絆創膏を貼るわけにもいかず、常にヤキモキヤキモキ。



水槽の塩分濃度や水替えの頻度を上げるか下げるか日々迷い、何かいい方法はないかと調べるも、ほぼ打つ手なし。



水槽をのぞくたびに、傷口がしみていないだろうか、このまま膿んで悪化してしまわないだろうかと、心配事が次から次へ。



そんな毎日を過ごしながら気づけばひと月。



おや?
傷口が小さくなってきている!



8月31日






9月14日






食欲もほぼ回復。



9月21日







この日の朝も、かわいくエサをおねだり。



まだ油断は禁物だけれど、少しずつ良くなってきて本当に良かった。



とはいえ、なぜ、フグちゃんはあんなケガをしたのだろう。



言葉を話せない生き物たち。



以前、絵本作家で活躍されている、あべ弘士さんの話をお聞きする機会があったとき、



動物の気持ちはわからないからこそ、じっくり観察することが大事、とお話しされていたことを思い出す。



飼育員として25年働いていた、あべ弘士さん。なるべく動物たちの暮らす環境を良くしたいと、それまで掃除がしやすいようにコンクリートだったところを土に変えるなどして、それが旭川動物園を立て直すことにもつながった。



あれほどのケガを負いながら、今回も自らの自然治癒力を発揮したフグちゃん。



これまでに目の当たりにしてきたフグちゃんの生命力に、思いがけず、私自身が勇気をもらい、元気づけられた一方で、ケガをさせたフグちゃんに申し訳ない気持ちもわき起こる。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

早稲田スポーツフェスタ in 東伏見


2016年9月19日(祝月)は、
2016 早稲田スポーツフェスタ in 東伏見



今年は予定が合わず行けそうにないけれど、去年は参加したので、その時のレポート。



まず、感慨深かったのは、およそ20年ぶりに降り立った東伏見駅(西武新宿線)。



駅前のコンビニやアリーナは当時の面影を残していたものの、あとは様変わり。



懐かしさを胸にキョロキョロしながら、よしくんと会場を目指す。



東伏見には、早稲田大学の東伏見キャンパスがあり、野球、サッカー、相撲など、多くの体育部の練習場もある。



その地で、日頃の感謝の気持ちを込めて開かれることになったイベントが、この “早稲田スポーツフェスタ” なのだとか。去年は4回目、今年で5回目の開催。



ウェブページでは、「スポーツ体験、展示、スタンプラリーなど、ちびっこから大人まで、老若男女どなたでも参加できる楽しいプログラムが盛りだくさん」と書かれていたので、気合を入れてイベント開始は10:00だけれど、会場には8:30に到着。



それなのに、すでに入り口には長い列。









お目当てだった乗馬部の乗馬チケットは8:30の配布開始と同時に終了したと聞き、その人気の高さに驚く。



気を取り直して、まず向かったのは、山岳部の「クライミング体験」。



支えてもらったおかげで、よしくんは、ひょひょひょ〜いと軽々てっぺんへ。









そして、エサやり体験はできると聞きつけ、再び馬術部へ。










エサやり体験後は、広大なサッカー場を見ながら、私たちもお弁当タイム。



お弁当の後は、自動車部の「レースカー」に乗せてもらい、ブインブインとエンジンをふかして、ご満悦のよしくん。



続いて、ボート部のお姉さんに教わりながら、いろんなマシンを体験。









屋内施設から出ると、秋晴れの空のもと、玉入れが行われるというので、広大な広場へ。



カゴを背負ったお相撲さんやスポーツ選手が走り回り、玉を持ってそれを追いかけるちびっこたち。笑い声や、拍手や歓声、青い空に緑の芝生。









身体を動かした後は、後輩への激励を兼ね、射撃部のデジタルライフル体験へ。









まさに、動から静へ。



去年は、そんな盛りだくさんの1日。









あれから1年。




“集り散じて 人は変れど
仰ぐは同じき 理想の光”





「2016 早稲田スポーツフェスタ in 東伏見」の詳しい情報はコチラ →






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

子どもの権利ノート







今日は「東京都子育て支援員研修」。


講師を務めてくださった先生は、亡父の面影率30%で、なんだか思慕の念を抱きつつ。


今日一番印象に残ったのは、東京都の「子どもの権利ノート」に書かれている次の文言。
以下抜粋。


・あなたは、この地球に一人しかいない、とっても大切な人です。


・そんなあなたには、大きな夢や希望を持ってほしいと思っています。そして、幸せになってほしいのです。


・だから、あなたが、つらいとき、苦しいとき、悲しいとき、なやんでいるとき、どんなときでも、あなたのそばで、心配したり、おうえんしたりします。
そして、うれしいときは、一緒によろこびたいと思っています。


・わたしたちは、心や体にしょうがいを持った人も、赤ちゃんも、子どもも、お年よりも、大切にしたいと思っています。


・そして、みんなが平和で幸せだと思える社会にしたいとがんばっています。
あなたも、あなたのやさしさや思いやりの心で、てつだってください。





こんな言葉を、子どもたちにはもちろん、大人たちだって掛け合えるといいなと、すごく思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »