カテゴリー「出会い」の16件の記事

2015年6月26日 (金)

尾澤瑞樹先生


ウクレレを習ったのは、よしくんが産まれて産休中だった、2011年2月のこと(その時の記事はコチラ → )。


楽しそうにウクレレをかき鳴らす仕事仲間に触発され、こんなの簡単簡単!と、その人からウクレレの楽器までプレゼントされたこともあり、けっこう気楽な気持ちで始めてみる。


ところが……!!!


全然弾けない。指が思うように動かない。コードが読めない、覚えられない。ウクレレを安定して抱えられない。


特にピアノなら比較的自由に動かせる左右の指が、ウクレレになると全く使い物にならない。イメージ通りに弾けないことが、あんなにストレスに感じるなんて。


職場に復帰したことで、私のウクレレは、“ハッピーバースデーツーユー” のワンフレーズを鳴らせるようになったところで一休み中。


だから、


としくんがピアノを弾きながら、苛立ちを爆発させる時、


思うように指を動かせなかったり、鳴らしたかったのとは違う音を鳴らしたりしたときに、ああもう!と大声を出したり、もうやだ!と地団駄を踏んだりする時、


ああ、わかる、わかる、そんな感じだったと、心の中で思い起こす。あのウクレレを、自分が思ったように弾けなかった時のことを。


でも、


自分のやり方にこだわりがあり、うまくいかないと癇癪を起こす生徒は、取り扱いが難しい。


特に熱心な先生にとってはなおさら。


人の話を最後まで聞かず、自分なりに理解したことを試そうとしたり、


忠告に耳を貸さないどころか、自分なりの理屈で言い返したり。


うまく弾きたい!という思いはあっても、素直に言うことを聞かず、反抗的な態度を取り続けていれば、指導者との間に深い溝ができてしまう。


そんなこんなで、前に習っていたピアノの先生との関係は年を追うごとに悪化……。


三歳の時からとしくんを見てくれた前の先生は、むしろそんなとしくんの態度を心配して手を差し伸べようとしてくれていたのだけれど、その手が見えないくらい高い壁がとしくんの前にはできてしまっていた。


でも、きっとピアノそのものは嫌いではない息子。


どうしたものかと思っていたら、すごくいいピアノの先生がいらっしゃるよ。男の子は高学年になると女の先生よりも男の先生の方がいいみたい、うちの息子はそうだったよと、その先生のレッスンを受けている人から教えてもらう。


名前は、尾澤瑞樹先生。


そんなこんなで、としくんもその評判の先生のところを訪れる。


初めての体験レッスンの日。


驚いたのは、その指導法。


小ぶりのぬいぐるみをとしくんに握らせ、親指が鍵盤に触れる角度を確かめさせたり、椅子の上に正座して座ることで、指をまっすぐに下ろす感覚を伝えたり。


とにかく具体的でわかりやすい!


長調と短調の違いを、悲しげかどうかの感覚的なもので理解させ、あまりそれ以上の違いはないと笑顔で緊張をほぐしてくれながら本質的なことに向き合わせてくれたり。


思わず、ヘレンケラーを救ったサリバン先生を思い浮かべてしまったほど(先生は男性だけれど)。


先生自身も優秀なピアニストだからか、ピアノのレッスンというよりも、音楽との向き合い方、付き合い方を教えてくれつつ、指先や姿勢といったこれまで教わってこなかったことにも気を配っていただいた。


そんな体験レッスンを受けたのが、実はもう一年前。


それから、一年近くレッスンを受け続けて来たとしくんは、それでも先生と衝突したり、怒られたりしながら、少しずつ先生との距離を縮めてきた。


そして、そんな兄の姿を見てきたよしくんも、この春、ついに尾澤先生のプチ門下生に。


レッスンに行く途中で、ものすごくトゲトゲしているアザミに驚いたり、







そんなアザミの上空をヘリコプターのように飛んで行ったルリボシカミキリを追いかけたりしながら(矢印のところに、鮮やかなブルーに黒い斑点のルリボシカミキリ。見えないかも……)、楽しそうにレッスンに向かうよしくん。







尾澤先生は、いつも笑顔で楽しくレッスンしながら、レッスンを終える頃には、生徒のスキルを一段階上げてしまうのが、本当にすごい。


でも、尾澤先生がすごいのは、それだけではなかった!!!


……という話は、また次回。






先生のブログはコチラ
尾澤瑞樹ピアノ教室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

凄腕キュービスト

110216_141203

仕事でお世話になっているNさんのご自宅に伺う。

まず目に入ったのは、テーブルの上に無造作に置かれたいくつかのルービックキューブ。

懐かしい形のものから、目が点になってしまうような見たことのない形のものまで!

恐る恐る手にとってみるも、何をどうしていいかわからず、そのままそっとテーブルに戻す。

なんでも、ルービックキューブは、ハンガリーの建築学者で、ブダペスト工科大学教授だったエルノー・ルービックが1974年に考案したそうで、

3次元幾何学を説明するための「動くモデル」を求め、ドナウ川の流動を見て発明のヒントを得たという(ウィキペディアより)。

といっても、納得するどころか、どうして?という疑問ばかりふくらんでしまうけど。

ルービックキューブの愛好家は日本ではキュービストと呼ばれ(海外ではキューバー)、毎年凄腕のキュービストがタイムを競い合う大会が国内や世界で開催されている。

じつは、Nさんの息子のRくんは、ルービックキューブの全国大会や地方大会で上位に入賞する腕前の持ち主。

そのRくんもまじえて、いっしょにランチ。

ランチが終わると、私たち客人のリクエストにこたえて、Rくんは目の前のルービックキューブを手に取ると、

まるで小動物をやさしくなでるように両手の指先をなめらかに動かす。

110216_145640

あれよあれよという間に、不ぞろいだった色が集まっていくのを、ただただ見つめる。

あれをこうして、こっちがああなって・・・という理屈を超えた世界(私には)。

3×3のルービックキューブでさえ完成させたことのない私には驚愕の世界。

いろいろな利害や思惑がうずまく政治の世界も、

様々な事情や情報が入り乱れる世界経済、環境問題も、

一面だけ見ていては、複雑で複合的な問題はきっといつまでも解決しない。

多面的に物事を見ながら、すべてを丸くおさめるキュービストたちの能力を借りれば、

政治は、世界は、もっとうまく回るかしら。人々はもっと平和になるかしら。

そんな希望や夢も抱いてしまう。

Rくん、どうもありがとう!

これからの活躍も応援していますよ~ happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

誕生

誕生

6月13日(日)のお昼すぎ、

小さな

小さな

幼子誕生。

お腹のなかからお腹のそとへ。

皮1枚はさんで9ヵ月。

ようやく会えたね。はじめましてこんにちは。

家族と仲間と友だちが、みんなあなたと会えるのを楽しみにしていたよ。

ようやく会えたね。うれしいな。

これからどうぞよろしくね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

今日はふれあいサタデー!

今日は、地元の小学校で行われる 【ふれあいサタデー】。

今年で4回目を迎えるこの【ふれあいサタデー】とは、地域の人たちが自分たちの経験や技、趣味を活かした「体験講座」を考え、子どもたちと一緒に学び合うというもの。

子どもたちは20ほどある講座のなかから、興味のあるもの、やってみたいものを選び、講座に参加する。

講座を通して、友だちのお父さん、お母さんの、「プロ」 の一面が見られたり、世代を超えたさまざまな方たちの「熟練した技」にふれたりする。

地元の方にとっても、わが子ではない子どもたちとじっくりふれあう機会はそうそうない。

そんな【ふれあいサタデー】に、昨年に引き続き私も少し関わる。

ちょうど近所の方が【ふれあいサタデー】に参加されるというので、そのテキスト作りの協力を申し出る。

できたテキストは、コチラ ↓。

2009101215380001_2

講座のタイトルは、

「 きみもエンジニア! ~自分で作るラジオ~ 」

子どもたちがチャレンジするのは「ゲルマニウムラジオ」作り。

すごーく簡単に説明すると、電池もなく、サランラップの芯にエナメル線を巻いただけで出来るラジオ。

子どもたちにはとても不思議なラジオに見えるだろう。

このラジオ作りを子どもたちに伝授するのは、近所のお父さんたち6人組(夫も参戦)。

テキスト作りを任された私の特権(!?)で、勝手にお父さんたちを名づける。

その名も、

コイル線隊 エンジニアーズ!

 Ennziniazu_2
ストーンレッド    ワイドグリーン   スマイルパープル
     
  シュガーブルー    ラッキーブラック   ストロングイエロー

今日に備えて、

準備を進めてきた 「エンジニアーズ」の面々。

10月12日(月)、

「ストーンレッド」 の家に集まって、何やら予行練習。

ショッカー ・・・ じゃなかった(笑)、未就学児の子どもたちも興味津々。

2009101215320001_22009101215320000_2 

2009101215330000 2009103108560000

ウチの 「お父さん」 、ラジオを作れたんだ!

見たことのない部品がいっぱい!

「お父さん」 って、真剣になると、こんな顔になるんだ・・・

丁寧な作業。 真似できない。

聞いたことのないような難しい言葉を使って、「お父さん」 たちが話し合っている。

「お父さん」 って、スゴイんだ・・・。

子どもたちのそんな心のなかの声が聞こえてくるみたい。

昨年の経験を経て、

新しくメンバーも加わり、

一層力の入る 「エンジニアーズ」。

今年は、サランラップの芯の加工に、新たな機械も登場。

2009101215350000_2  2009101215340000_2

さあ、

準備は万端。

今日は、いよいよ【ふれあいサタデー】当日。

朝、7時すぎに集合したエンジニアーズ。

進め!

コイル線隊 エンジニアーズ!

行ってらっしゃい!

コイル線隊 エンジニアーズ!

楽しんで!

コイル線隊 エンジニアーズ!

2009103107140000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

つながるって、いいね

Image944

恐竜2009 砂漠の奇跡!!に行く前、実はあるプロジェクトに息子は参加。

そのプロジェクトとは、デンマークの女流写真家2名(NannaとSofia)が0~100歳の日本人男性101人のポートレートを撮るというもの。

     詳しくはコチラ↓

Nanna Kreutzmann と Sofia Wraber というデンマーク人の女性。
本業は、フォトジャーナリスト(http://greatphotojournalism.com/nannakreutzmann.html)なのだそうですが、デンマークで、0歳〜100歳の101名の男性のポートレートを撮る、というプロジェクトを行い、その本を出版したり、展覧会を開催したのだそうです。
http://www.xprint.dk/Wraber.html

・・・(略)・・・

実際に、デンマーク版の本を見せていただくと、人間が成長して老いて行く過程が淡々と描かれていて、名もない(って、もちろん名前はあるのですが、有名人でもない、ってことね)普通の人たちの一人一人の顔の味わい深さが好もしく、とてもよい写真集です。
http://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26 [Chez MOMO日記]より

デンマークでの評判がよかったこともあり、今回、日本人版にもチャレンジすることになったのだとか。

息子は「5歳」の日本人男性としてエントリー。

行くまではノリノリだったものの、スタジオに着くと怖じ気づき、帰りたい、怖い、恥ずかしいとジタバタジタバタ。

しかし、ナナさん、ソフィアさんが笑顔で出迎えてくれると、息子の頑なな心は急にほどけ、あれよあれよと“その気”は全開(笑)。

ああ、笑顔は万国共通なのだと改めて。

撮影前に、写真集になったデンマーク人男性101人を見せてくれたナナさん、ソフィアさん。

そのなか、息子と同じ5歳のデンマークの男の子の額には赤くて丸い擦り傷が。
理由を聞くと撮影直前に自転車で転んでできた傷、と笑いながら話してくれた。

日本語に訳して息子に伝えると、つい数日前に自転車に乗れるようになった息子はパッと顔を輝かせ、自分も自転車に乗れるんだと二人に猛烈アピール。

ああ、嬉しい気持ちは言語を超えるね。

日本でないどこかで自分と同じ5歳の男の子が自転車に乗っているんだね。

会ったことはなくても親しみを感じるね。

友人からつなげてもらって、“つながる”プロジェクトに参加し、ブログを通して誰かにつなぐ…。

 (*^o^)/\(^-^*)

 つながるっていいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

梅と東京タワー

Image449

寒々とした空に聳える

東京タワー。

湯島天神も

東京だけれど、

東京タワーも

東京で、

自然と人工、

春と冬、

可憐と威厳?

小さいと大きい

丸みととんがり(笑)

そんな
語句が
次々と
浮かんでしまった
2月24日の朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

一足早く…

Image448

…春を感じた2月22日。

湯島天神の梅祭り行ってきました。

一人で境内を散策しながら思うのは、

それでも季節はめぐり花は咲くということ…

それでも時は流れ、ある結果が否応なく出てしまうのなら、

少しでもその結果を楽しんで待ち、覚悟して待ち、泰然と待てるよう、
一つひとつを大事に、一歩一歩進んでいきたいな…と

梅の可憐さが、愛しくたくましく心強く ・・・あっ、昔流行った歌みたい(笑)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

モモエさんの手料理

モモエさんの手料理

ぶり、なっとう、玄米、きゃべつのみそ汁、切り干し大根の煮付け…

帰宅後30分で

手際よく

つぎつぎに。

体によい食事は、

心にもよい食事でした。

玄米のもちもち感は、

息子も

ノックダウン〜

息子とともに、わたしも

おかわり〜!

モモエさん、

ごちそうさまでした(^人^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

同期会

同期会

昨日は久しぶりの同期会。

でも家族がインフルエンザで参加できないメンバーがたくさん(>_<)。

数年振りに会ったメンバー(女性)の
あまりの変わりのなさになんだか感動…

見た目は変わらないのに
懐の深さ、まなざしの優しさは以前よりさらに増したようで

一つ一つの会話が心地良かったのでした(*^_^*)。

素敵なメンバーとの再会を久しぶりに堪能した夜、
やはり久しぶりに飲んだお酒のせいで私は無口に…。

それが心残り…

メンバーのアイドル(!?)
どーもくんも毎日一生懸命生きているみんなを
優しく見守っていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

これが

これが

清里で出迎えてくれたウシ(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧