カテゴリー「 カメの話」の16件の記事

2015年8月17日 (月)

キノコとタマゴ



昨日、数日間のお出かけから帰宅すると、いろいろ異変が。


まずは、何とか枯れずに頑張ってくれていた家の周りの花々に水やりをしていると、


一つ、お気に入りのキノコ型のウォーターキーパーが無くなっている!


高価なものではないし、ところどころはげていて見映えのいいものではなかったけれど。どうしたのだろう。


そして、庭のカメにエサやりに行くと、








カメの卵の産まれた形跡が!


(カメが産卵準備をしていたときの様子はコチラ →


鶏卵の殻の硬さと違い、カメの卵の殻は少し硬化したゴムの感じ。薄さと弾力が同居しているよう。


何してるのー? と近づいてきたよしくんが、あ、産まれたの? 子ガメちゃーん!と捜しまわる(笑)。


捜したい気持ちはよくわかる。無精卵だけど、殻しかないと、中身が気になるよね。
中身はどうなったのだろう。


そして、その日の夕方。


呼び鈴が押されたので出てみると、小さな男の子を抱えたロマンスグレーの優しそうなおじいさん。


お留守の間に孫がウォーターキーパーを割ってしまいましたと、割れた「キノコ」と、真新しい「キノコ」。そしてクッキーを手に、丁寧な謝罪のお言葉。


そんなわざわざすみません!とかえって恐縮しながらそれらを受け取り、まだ1歳くらいの男の子にバイバイと手を振る。


せっかく帰ってきてくれたので、割れた「キノコ」は接着剤で修理。


これからも、おじいさんとお孫さんとのお散歩を見守ってね。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

産卵まぢか!?


いつものように、出勤前にカメたちにエサをやりに行くと、







ペコちゃんが、せっせと後足で穴掘り。







結構、かたい土。角度を変え変え、懸命に穴掘り。


これはもしや、5年ぶりの産卵まぢか!?


しばらく様子見。ドキドキ~(^^)。





5年前に産卵したときのタマゴはコチラ






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

カメの脱皮!


昨日、池のポンプを掃除していたら、近づいてきたペコちゃんの甲羅の一部の色が変わっていることに気づき、


もしや!


と思って、ペリッ。







気持ち良く甲羅がはがれる。


「やりたい!やりたい!」と、よしくんも、ペリッ!







これはカメの脱皮。


ここ数年、甲羅がはがれないなあ、成長がとまったかな? と思っていたら……


成長してた ^_^; 。


そして、次々にペリッ。







はがれた甲羅を膝から腿にかけて置いていく。







私の大腿部がだんだんカメに近づき(⁉︎)、ペコちゃんは古い衣を脱ぎ捨て、何だかスッキリ。







今回は、縁の甲羅も見事にペリッとはがれる。


いまだにすくすく元気に育っているようで何より何より。






でも、






カメの寿命に負けないようにしないと!!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

わが家に来て16年め



毎朝、野球の自主練に行くとしくんを見送ったあとは、カメの餌やり。


人が来ると、急いで近寄ってくるポコちゃん、ペコちゃん。


「ごはんだ、ごはんだ」と言わんばかり。


餌を池の中に入れるも、なかなかそれに気づかない。


やっと気づいたポコちゃんが、池に向かって慌ててUターン。







ペコちゃんが池に入るや否や、ポコちゃんも気づいて、急いで後を追う。











しばらく眺めていると、食べ終わったポコちゃんが日向ぼっこにやって来た。


乾いてきた甲羅は泥だらけ。







ということで、甲羅をゴシゴシ。


ペコちゃんもゴシゴシ。










見た目は似てるけど、掌に乗せると、ポコちゃんの方がペコちゃんよりもずっしり手首にくる。


我が家に来てから、16年目の二匹。


掌に二匹乗せていたのがウソみたい ^_^;。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

おやすみ…






よしくんが待ち望んでいたチューリップが、本日開花!


そして、ちょっと見えにくいけれど、







無事に、2匹のお目覚めを確認。







元気かな? お変わりないかな?


ちょっと近づく。







泥だらけ(笑)。








そしてまた、お昼寝再開…。


なんだか寝顔が幸せそう〜。


おやすみ、ポコちゃん… (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

最初に目覚めたのは…






いつの間にか裏庭で花開いていた、富士桜。


花も葉も小ぶりでかわいく、別名、豆桜。







そして、こちらも。


いつの間にか目覚めていた池のカメ。


先に目覚めたのは、ポコちゃんかな? ペコちゃんかな?


後頭部では判断つかず(笑)。


もう一匹が目覚めたのを確認するまでは、ソワソワな日々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

カメの鼻息


いつの間にか共に暮らし始めて17年目のポコちゃん、ペコちゃん。







オスとメスのペアのつもりが、メスとメス。


であるにも関わらず、


産卵!!


したこともあって、あの時はびっくり。
その時の卵の写真は→コチラ



週末、久しぶりに甲羅を洗い、さっぱり。







出会った時は、掌に二匹乗っていたのに、もはや一匹でさえ片手からはみ出す成長ぶり。


顔を近づけると感じる、ポコちゃん、ペコちゃんの鼻息(^^)。





↑ペコちゃん♪





↑ポコちゃん♪


最近知ったのだけれど、ふだんは肺呼吸なのに、冬眠中は皮膚呼吸をしているんだとか。


カメの鼻息を感じながら、不思議な生態に感じ入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

お目覚め






あ、久しぶり!

冬眠から目覚めたのは知ってたけど、

全身の姿を見るのは久しぶり。

日向ぼっこは気持ちいい?

もぐっていたから甲羅は泥まみれ。

こんど、洗わなくちゃね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

おまたせ

Image5641_2

庭の池から脱走したペコをわが家に連れ帰って来てから、

タライ暮らしが続いていたペコとポコ。

池の周りの柵をどう補強しようか悩むも、なかなか解決策がなく、時間がなく、ホームセンターに行くこともままならず、

タライ暮らしを余儀なくされていたペコとポコ。

ついに、カメ池作りでお世話になった庭師のYさんに再び(三度かも)SOS。

なんと連絡した翌日にYさんはやって来て補強のプランを立て、その翌日には作業完了。

柵の内側にすべて透明なアクリル板を取り付け、低かった柵には柵を付け足す。

困ったカメちゃんだねぇと、まるでいたずらっ子に話し掛けるようにペコとポコに声を掛け、あとはひたすら黙々と、見たことないような工具を使って、手際よく見栄えよく仕上げてくれたYさん。

やはりプロにはかなわない。餅は餅屋だとただただ舌をまき感謝する。

おまたせ、ペコちゃん、ポコちゃん。

ペコはヤッター!と叫ぶような感じで池にダイブしながら飛び込み、

ポコはやれやれとぼやくような感じでゆっくり池に向かう。

はてさて、

これにて一件落着…となりますように f^_^;

おまたせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

マタニティ仲間!?

マタニティ仲間!?

マタニティ仲間!?

7月14日の朝。

ペコのそばに何やら白くて丸い……

これは卵!!

メスではあってもオスがいなければ無精卵。

ペコが宿してこの世に生まれ落ちた2つの卵。

そっと手にとると、思った以上にズシッとした重み。そしてヒンヤリ。

無精卵でも、中に入っているのは命のもと…。

ペコさん、あなたは産卵場所を探して、あのとき脱走したのね…

ずっとお腹に卵を抱えて落ち着かず大変だったでしょう。あの時、私と共にマタニティライフを送っていたなんてつゆしらず。

あの脱走以来、タライ暮らしを強いていてごめんなさい。近々何とかしますので。

ペコの産卵から一ヶ月前、6月13日に産まれたよしくん。

昨日は生後一ヶ月の検診。

およそ体重は1キロ、身長は10センチ大きくなって、抱くと思った以上にズシッとした重み。柔らかくて温かい。

カメの命、人の命。

ああ何て神秘的…

| | コメント (0) | トラックバック (0)